インフルエンサー探しに役立つ『検索サイト』とは?ポイントや注意点も解説!

“インフルエンサー”という言葉を聞いたことがある方がいると思いますが、世の中にはSNSにおいて大きな影響力を持つインフルエンサーが数多くいます。

近年では、企業が経営戦略として影響力のあるインフルエンサーに自社商品やサービスをPRしてもらうように依頼するケースも増えてきました。

インフルエンサーに企業のPRを行ってもらうことで、企業側は「広告費をあまりかけずにより多くのユーザーに自社商品やサービスの魅力が伝わる」、インフルエンサー側は「自分が紹介したい商品を紹介して、対価として報酬をもらう」というお互いに得するビジネスができます。

しかし中には、「どうやってインフルエンサー依頼すればいいの?」「インフルエンサーをどこで見つければいいの?」と数多くの疑問を抱えている方がいると思います。

そこで当記事では、「インフルエンサーを見つけるためのポイント・注意点」「インフルエンサー検索サイト」などを紹介します。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは?の画像

近年でよく聞くようになった“インフルエンサー”という言葉ですが、具体的にどういう意味で使われている言葉なのかを知らない方が大半だと思います。

・インフルエンサーとは・・・「Instagram」「Twitter」「LINE」「TikTok」「Facebook」「YouTube」などで発した言葉、もしくは写真・動画などの投稿が世の中に大きな影響を与えるほど影響力のある人のことを指します。

SNSでフォロワーが多いインフルエンサーや特定の分野で人気が高いインフルエンサーが、SNSにコメントを投稿したり、画像を投稿したり、つぶやくことでその内容が世界中に浸透し多くのユーザーが情報を知ることができるようになり、注目されたり大きな反響を呼んだりします。

そこで企業は、インフルエンサーが持つ影響力を使って自社商品やサービスを宣伝する『インフルエンサーマーケティング』に目を付けました。

もし多くのフォロワーを抱え、影響力のあるインフルエンサーに自社商品やサービスをPRしてもらうことができれば、売り上げを向上させることができるため、多くの企業がインフルエンサーマーケティングを取り入れています。

工藤
従来までの広告出稿だと多額の資金が必要でしたが、インフルエンサーにPRをお願いすることで低コストでより多くのユーザーに自社商品やサービスを広めることができます!

企業がインフルエンサーを探す重要性は?

前述で、「インフルエンサーとはどういう人のことを指すのか」を理解していただけたと思いますが、中には「どうして企業はインフルエンサーを活用するの?」「普通に広告を出すだけじゃダメなの?」と疑問に思う方がいるのではないでしょうか?

企業がインフルエンサーに自社商品やサービスのPRをお願いする1番の理由は、熱量の高いユーザーへ訴求力の高いPRができるからという理由が挙げられます。

従来までの広告・テレビのCM・新聞などのマスメディアでは不特定多数に向けた配信だったのに対して、SNSで多くのファンを抱えるインフルエンサーによる情報発信は、コミュニティ(ファン)に向けた発信になるので興味や関心を示すユーザーが多いという特徴があります。

また、インフルエンサーといっても「グルメに特化したインフルエンサー」「ファッションに特化したインフルエンサー」「コスメに詳しいインフルエンサー」などインフルエンサーが得意とするジャンルがあり、特定のジャンルに興味を持つ人がフォロワーになるため、広告っぽさがなく消費者の共感を得やすいというメリットがあります。

SNSでPRするメリットインフルエンサーにSNSで自社商品やサービスを紹介してもらうことで、通常投稿の中にPR投稿が紛れていても不自然さがないというメリットがあります。広告臭がなく特定のユーザーにとって有益な情報を発信できるため、利用者が増えやすくなります。

最適なインフルエンサーを見つけるためのポイントとは?

企業がインフルエンサーを活用したマーケティングを行うことで、自社商品やサービスの利用者が増え収益をアップさせることができますが、このようなインフルエンサーマーケティングを成功させるためにはインフルエンサー選びがとても重要です。

しかし「どうやってインフルエンサーを選べばいいの?」「インフルエンサーのどこを見ればいいの?」と疑問に思う方がいるはずです。

そこでここからは、最適なインフルエンサーを見つけるためのポイントをご紹介します。

▼最適なインフルエンサーを見つけるためのポイント▼
  • インフルエンサーの影響力と読者の関心度を調査する
  • インフルエンサーがどんな人物なのかを知る
  • エンゲージメントが高く話題性の高い人を選ぶ

ポイント①インフルエンサーの影響力と読者の関心度を調査する

ポイント①インフルエンサーの影響力と読者の関心度を調査するの画像

最適なインフルエンサーを見つけるための1つ目のポイントは、インフルエンサーの影響力と読者の関心度を調査することです。

インフルエンサーの日々の投稿を確認して、「どのくらいコメントが来ているか」「いいね数はどのくらいあるのか」を確認することで、インフルエンサーの投稿に対して読者がどのくらい関心を持っているかが分かります。

インフルエンサーを探している企業に多いのが、インフルエンサーが発信している情報量だと思いますが、インフルエンサーの投稿に対して、フォロワーがどれだけ関心があるのかを調査することもとても重要です。

もしインフルエンサーの投稿に対してコメントが少なかったり、いいね数が少ない場合は読者はあまり関心がないことが分かるので、自社商品やサービスのPRをお願いしても高い効果が見込めないことが予測できます。

工藤
インフルエンサー選びの際には、インフルエンサーが『フォロワーとの関係構築ができているか』も合わせて調査してから依頼するようにしましょう。フォロワーとの良好な関係が築けている場合は、依頼したPR投稿が多くの人に見てもらえる可能性が高まります!

ポイント②インフルエンサーがどんな人物なのかを知る

最適なインフルエンサーを見つけるための2つ目のポイントは、インフルエンサーがどんな人物なのかを知ることです。

インフルエンサーが「何を伝えるために活動しているのか」「どんな発信をしているのか」「どんな商品・サービスに興味があるのか」などを調査し理解することで、インフルエンサーの人物像を知ることができるため、企業は『自社商品やサービスをPRしてほしいインフルエンサーに出会える』、インフルエンサーは『紹介したい商品・サービスをPRして対価として報酬を受け取ることができる』というメリットがあります。

また、インフルエンサーについてもっと知りたい場合は、SNSのプロフィールを確認することをおすすめします。

SNSのプロフィールには、インフルエンサーの「住んでいる地域」「性別」「どんな発信をしている人なのか」「投稿内容」など細かい情報を取得できるため、企業とマッチしたインフルエンサーを発見しやすくなります。

ポイント③エンゲージメントが高く話題性の高い人を選ぶ

ポイント③エンゲージメントが高く話題性の高い人を選ぶの画像

最適なインフルエンサーを見つけるための3つ目のポイントは、エンゲージメントが高く話題性の高い人を選ぶことです。

企業がインフルエンサーに自社商品やサービスのPRを依頼する際には、インフルエンサーの投稿を見たり読んだりしてくれる「読者」「観客」など拡散性の高いファンがどのくらいいるかを調査することが重要です。

そのためには、「普段の投稿に付けられているコメントをチェックする」「コメントに対して丁寧に返信している」ことを調査する必要があります。

インフルエンサーマーケティングで高い効果を得るためには、インフルエンサーの発信に対して「どれだけ多くの人が興味を持ってくれるか」「投稿から自社商品やサービスを購入するまでの行動を促すことができるのか」が重要なので、インフルエンサーを選ぶ際にはエンゲージメントが高い人を選ぶようにしましょう。

工藤
インフルエンサーのファンは、基本的にインフルエンサーが使っている商品と同じものを購入する傾向にあります。そのためには、顧客との良好な関係を築いていることが重要なので、事前にインフルエンサーとフォロワー(ファン)との関係性を調査しておきましょう!

インフルエンサーを選ぶ際の注意点とは?

前述で、「最適なインフルエンサーを探すためのポイント」をご紹介しましたが、自社商品やサービスのPRを依頼する際にいくつか注意点があります。

これから紹介する注意点を理解しないと、フォロワーが大勢いるインフルエンサーにPRを依頼してもあまり効果が出なかったり、想定外のコストが発生する恐れがあるので、インフルエンサーマーケティングを行う方は注意点を守ってほしいと思います。

▼インフルエンサーを選ぶ際の注意点▼
  • フォロワーを購入していないかを確認する
  • フォロワーとの深い関わりがあるかを調べる
  • 依頼内容と価格が適正であるかを確認する

注意点①フォロワーを購入していないかを確認する

注意点①フォロワーを購入していないかを確認するの画像

インフルエンサーを選ぶ際の1つ目の注意点として、フォロワーを購入していないかを確認することが挙げられます。

フォロワー数が多いインフルエンサーの中には、「SNS代行」「フォロワー購入」などを利用してお金でフォロワーを購入し、水増ししている場合があるので注意が必要です。

お金でフォロワーを購入でき、短期間でフォロワーを増やすことができるので表面上はフォロワー数が多いように見えますが、実際は『捨て垢(アクションが全くないアカウント)』からフォローされていて中身が空っぽなので、自社商品やサービスのPRを依頼しても効果がゼロと言っても過言ではありません。

しかし素人の目からすると、フォロワーを購入しているのか分からないと思いますが、そんな時に最も有名なフォロワー買いチェックツールである『さてはフォロワー買いました?』を利用することをおすすめします。

このチェックツールを利用することで、インフルエンサーがフォロワーを購入しているのかが分かるので、依頼したいインフルエンサーが決定したら活用してください。

工藤
TwitterやInstagramでは、フォロワーの購入が規約で禁止されています。また、フォロワーを購入しているアカウントは信頼度が低いので、このようなアカウントには依頼しないようにしましょう。

注意点②フォロワーとの深い関わりがあるかを調べる

インフルエンサーを選ぶ際の2つ目の注意点として、フォロワーとの深い関わりがあるかを調べることが挙げられます。

インフルエンサーの日々の投稿に対して、「誰からもコメントが来ていない」「いいね数が少ない」と企業が商品・サービスの宣伝を依頼しても、売り上げが向上する見込みが立ちません。

自社商品やサービスをPRしてもらうインフルエンサーを選ぶ際には、『多くのコメントが寄せられている人を選ぶ』『いいね数が多い人を選ぶ』『フォロワーからのコメントに対して、丁寧に返信している人』を採用するようにしましょう。

また、インフルエンサーの投稿に寄せられているコメントの質を調査することも重要です。

例えば、「どこでこの商品を購入できますか?」「種類はどのくらいありますか?」「価格はどのくらいですか?」といったコメントが寄せられているなら、ファンはインフルエンサーが発信する情報に興味を持っていることが分かるため、商品をPRしてもらうことでファンが購入してくれる可能性が高まります。

しかし、「いつも応援しています」「今日も素敵ですね!」といったコメントが寄せられている場合は、ファンはインフルエンサー自体に興味を持っているため、商品をPRしてもらってもファンが購入してくれる可能性が薄いことが分かります。

注意点③依頼内容と価格が適正であるかを確認する

注意点③依頼内容と価格が適正であるかを確認するの画像

インフルエンサーを選ぶ際の3つ目の注意点として、依頼内容と価格が適正であるかを確認することが挙げられます。

インフルエンサーマーケティングの依頼にかかる費用・料金の相場は、『フォロワー数×2~4円』と言われています。

例えば、フォロワーが5万人いるインフルエンサーに自社商品やサービスをSNSでPRしてもらう場合は、10万円~20万円が費用の相場になります。

また、インフルエンサーに交渉する依頼費用は、『インフルエンサーマッチングプラットフォーム』などが間に入ることで価格が変動する場合があるので注意が必要です。

もしインフルエンサーマッチングプラットフォームを介してインフルエンサーを探す際には、会社に問い合わせることをおすすめします。

インフルエンサーマッチングプラットフォームについて詳しく知りたい方は、以下記事をご覧ください。

工藤
フォロワーが多く影響力のあるインフルエンサーにPRを依頼する際は、多額の費用がかかる場合がありますが、従来の広告に比べて『価格が低い』『訴求力が強い』など多くのメリットがあるので、是非利用してほしいと思います!

インフルエンサー探しに役立つ『検索サイト』とは?

ここまでで、「インフルエンサーを見つけるメリットやポイント」を理解していただけたと思いますが、当記事をご覧の方になっている方の中で、インフルエンサーを探すことができる『検索サイト』があるのをご存知の方は意外と少ないと思います。

Web上には、SNSで「シェア率の多い投稿」「フォロワー数の多いアカウント」を検索できるツールが存在します。

このような検索サイトは、「制限はあるが無料で使えるプラン」や「有料プラン」などが設けられています。

そこでここからは、インフルエンサー探しに役立つ『検索サイト』はどんなものがあるかをご紹介します。

▼インフルエンサー検索サイト▼
  • ネットで影響力のあるインフルエンサーを探せる『Buzzsumo』
  • 豊富なデータからインフルエンサーを発掘できる『Brandwatch』
  • インフルエンサーに関する様々な情報を閲覧できる『iCON Suite』

ネットで影響力のあるインフルエンサーを探せる『Buzzsumo』

インフルエンサーを探せる検索サイトの1つ目は、『Buzzsumo』です。

Buzzsumoは、「シェア率の高いコンテンツ」や「インフルエンサー」を見つけることができる検索エンジンです。

特定のトピックにおいて最もシェアされているページ、情報発信における影響力が高いユーザーを探し出すことに特化しているため、自社商品やサービスを多くのユーザーに宣伝したい場合に有効的な検索サイトです。

また、マーケティン戦略として『Buzzsumo』を組み込むことで、流行している投稿を1つも逃さないというメリットがあります。

これにより、常に流行の先頭にいることができるので、自社商品やサービスの購入を訴求したい層を広げることができます。

しかし、Buzzsumoには『無料プランがなく、7日間の無料トライアル期間しかない』ので、『99ドル/月』の有料プランに加入する必要があるので注意が必要です。

工藤
Buzzsumoは、「ネットで影響力のあるインフルエンサーを探したい」「常に流行を知っておきたい」という企業におすすめです!

豊富なデータからインフルエンサーを発掘できる『Brandwatch』

インフルエンサーを探せる検索サイトの2つ目は、『Brandwatch』です。

Brandwatchは、豊富なインフルエンサープロファイルを詳細に調べて企業にとって効果的なインフルエンサーを発掘できる検索サイトです。

1億サイト(SNS、ブログ、ニュース、レビュー)にわたる豊富なデータソースの中から、信頼性のあるデータをリアルタイムで収集してくれます。

また、業界で高い権限を持つインフルエンサーとの関係を構築することもできるので、質の高いインフルエンサーとつながることができるというメリットがあります。

さらにBrandwatchは、日本を代表する「クックパッド」や「キリン」「トヨタ」なども利用しているツールなので大手企業が利用しているという安心感もあります。

工藤
Brandwatchは、企業がPRしてほしい商品分野を専門としたインフルエンサーとビジネスがしたいという方におすすめです。

インフルエンサーに関する様々な情報を閲覧できる『iCON Suite』

インフルエンサーを探せる検索サイトの3つ目は、『iCON Suite』です。

iCON Suiteは、企業のマーケティング担当者や広告代理店・PR会社のプランナー向けの『インフルエンサープランニング』『分析ツール』を提供しています。

SNSで影響力のあるインフルエンサーとそのフォロワーの「興味関心度」「デモクラ(年齢・性別・職業など)」を見える化し、自社商品やサービスの購入を訴求したいターゲットに効果的なメッセージが届くように効果分析ができる機能を提供しています。

さらに、『インフルエンサーの影響力分析』を行い「エンゲージメント率」と「エンゲージメント数」を用いて、影響力を分析することでより自社商品やサービスを購入してくれる可能性の高いインフルエンサーを発掘できるというメリットがあります。

しかし、無料版はデモクラ情報の閲覧数が1日3回までと制限されているので注意が必要です。

工藤
iCON Suiteは、インフルエンサーの様々な情報を閲覧し、影響力のあるインフルエンサーを活用したい企業におすすめです。

まとめ

ここまで、「インフルエンサーを見つけるためのポイント」「インフルエンサーを選ぶ際のポイント」「インフルエンサーを効率よく探せる『検索サイト』」を紹介してきました。

企業がSNSで影響力のあるインフルエンサーに、自社商品やサービスのPRを依頼することで「広告費を抑えて、より多くユーザーにアプローチできる」というメリットがあります。

ただ闇雲にインフルエンサーを選ぶのではなく、「インフルエンサーの影響力」や「話題性があるインフルエンサーなのか」など様々な視点でインフルエンサーを調査する必要があります。

このように様々な視点から企業のPRに最適なインフルエンサーを見つける必要がありますが、インフルエンサーを探す際には『検索サイト』を用いることで、効率的に最適なインフルエンサーを見つけることができるようになります。

当記事で、最適なインフルエンサーを探せる検索サイトを紹介しているので、マーケティング担当者は是非一度利用してほしいと思います。

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事