今注目を集めるアンバサダーマーケティングのメリット・デメリットとは?徹底解説!

SNSを活用したマーケティング手法として、『インフルエンサーマーケティング』が注目を集め、多くの企業が導入を始めました。

しかし近年、インフルエンサーマーケティングに次いで『アンバサダーマーケティング』が注目され、人気を集めています。

アンバサダーマーケティングでは、商品・サービスに愛着を持つ熱狂的なファンがアンバサダーを務め、企業・製品のPRを行います。

しかし中には、「アンバサダーマーケティングはどんなメリットがあるの?」「デメリットはないの?」と疑問に思う方がいるはずです。

そこで当記事では、アンバサダーマーケティングのメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

アンバサダーマーケティングとは?

アンバサダーマーケティングとは?の画像

数あるマーケティングの中でも近年でよく耳にするようになった"アンバサダーマーケティング"ですが、まずアンバサダーとは、商品・サービスに強い愛着を持つ熱狂的なファンであり、自発的に商品・サービスの情報を発信する人のことを指します。

アンバサダーマーケティングとは、商品・サービスの熱狂的なファンである「アンバサダー(ambassador)」が発信する情報または言葉を、未来の顧客に届けることで購買行動を促すマーケティング手法を指します。

アンバサダーを直訳すると『大使』という意味があり、日本では主に芸能人や著名人が「ブランド大使に任命される」ときに使用される言葉です。

しかしアンバサダーマーケティングにおいては、自分の好きなブランド・商品やサービスについての情報を積極的に発信・推奨する人を意味します。

従来までのマーケティングでは、新規顧客を大量に増やすことが重要視されてきましたが、アンバサダーマーケティングにおいては既存顧客に着目し、ファンの育成に力を入れているという特徴があります。

アンバサダーを増やす方法アンバサダーマーケティングにおいて、アンバサダーを増やすためには『キャンペーン』や『イベント』を積極的に行い、企業とファンを結ぶことでアンバサダーを増やしていきます。

アンバサダーマーケティングが必要とされている理由

前述でアンバサダーマーケティングについて理解していただけたと思いますが、「どうしてアンバサダーマーケティングが必要とされているの?」と疑問に思った方がいるはずです。

アンバサダーマーケティングが多くの企業で重要視されるようになった背景には、『情報過多による広告の影響力低下』や『消費者一人ひとりの価値観の多様化が変化したこと』が挙げられます。

今では一人1台スマートフォンを持つことが当たり前になりつつある現代では、Webサイト・SNS・メールなどから様々な情報を閲覧できるようになりました。

このようなスマートフォンの普及により、消費者一人ひとりの情報過多が進んでいることから、広告の影響力が低下しています。

また、様々な情報を簡単に入手できるようになったことから、消費者の価値観の多様化が進み新規顧客の獲得が困難になりました。

そこでアンバサダーマーケティングを行うことにより、商品・サービスの熱狂的なファンであるアンバサダーが『口コミ』『SNS』などを利用し高い熱量・リアルな感想で情報発信することで、効果的に新規顧客を呼び込むことができるようになりました。

三上
アンバサダーが情報発信・レビューを行うことで、広告っぽさがなくなり説得力があるので、顧客の購買行動に移しやすいというメリットがあります。

アンバサダーマーケティングの5つのメリットとは?

アンバサダーマーケティングでは、商品・サービスに関して強い愛着を持ち誰よりも詳しいアンバサダーがSNSなどを通して商品・サービスをPRします。

アンバサダーは誰よりも熱量があり説得力のある発言と、リアルな感想を発信することから信頼性が高く、新規ユーザーがより正確な情報を取得できるというメリットがあります。

しかしアンバサダーマーケティングは、上記以外にも数多くのメリットが存在します。

そこでここからは、アンバサダーマーケティングのメリットを5つご紹介します。

▼アンバサダーマーケティングのメリット▼
  • 企業にとって有益なフィードバックを発信してくれる
  • ポジティブな情報発信を行うユーザーを確保できる
  • 自社SNSやWebサイトへの流入増加で見込客を増やせる
  • 企業・ブランドとファンが直接交流できる
  • アンバサダーのデータをマーケティングで活かせる

メリット①企業にとって有益なフィードバックを発信してくれる

メリット①企業にとって有益なフィードバックを発信してくれるの画像

アンバサダーマーケティングの1つ目のメリットとして、企業にとって有益なフィードバックを発信してくれることが挙げられます。

一般的にWebサイト・SNSなどで行われるアンケートは、顧客一人ひとりの熱量にバラつきがあるため参考になるデータを取得できる確率が低くなります。

しかし、自社商品やサービスに対して熱量が高いアンバサダーは、一般のユーザーよりも意見の吸出しが行いやすいという特徴があります。

例えば、Instagramを利用してアンバサダーマーケティングを行う場合、狙ったターゲット層に対してアプローチすることで、『ヒアリング』を行い商品・サービスやマーケティング活動の効果的なブラッシュアップを行うことが可能になります。

三上
アンバサダーが投稿した、自社商品やサービス・関連した投稿に対する『ポジティブなコメント』『ネガティブなコメント』などアンバサダー以外のユーザーからの意見も取り入れることが重要ですね!

メリット②ポジティブな情報発信を行うユーザーを確保できる

アンバサダーマーケティングの2つ目のメリットとして、ポジティブな情報発信を行うユーザーを確保できることが挙げられます。

一般ユーザーで、自社商品やサービスに対してポジティブな情報発信を続けてくれる人を見つけるのは困難を極めます。

しかし、アンバサダーを起用することによって、自社商品やサービスに対して中長期的にポジティブな情報発信をしてくれるユーザーを確保できます。

また、自社商品やサービスのPR投稿を「日々の投稿」「ハッシュタグを付けた投稿」「自社ブランドタグを付けた投稿」「タグ付けした投稿」に刷り込ませることで、効果的に多くのユーザーに情報を届けることができます。

アンバサダーを増やす理由多くのアンバサダーを起用することで、そのアンバサダーのフォロワーも自社のファンへと育てることができます。アンバサダーを経由して、自社配信では届かなかったユーザー層にアプローチでき、ファンとして間接的に育成することが可能となります。

メリット③自社SNSやWebサイトへの流入増加で見込客を増やせる

メリット③自社SNSやWebサイトへの流入増加で見込客を増やせるの画像

アンバサダーマーケティングの3つ目のメリットとして、自社SNSやWebサイトへの流入増加で見込客を増やせることが挙げられます。

自社SNSやWebサイトへ訪問してくれるユーザーは容易に増やすことはできません。

しかしアンバサダーマーケティングでは、アンバサダーが発信した自社商品やサービスに対するポジティブな意見・口コミを見たユーザーが、自社に対して「どういう商品・サービスなんだろう?」「どんな企業なんだろう?」というように興味関心を抱くようになり、自社SNSやWebサイトへの訪問件数を増やすことができます。

アンバサダーを通して一般ユーザーが自社に興味関心を持つことで、自社商品やサービスに関する情報収集・企業の信頼性などを確認するためサイト訪問するので、アンバサダーマーケティングによるサイト訪問は顧客が購買行動を起こしやすいと言えます。

メリット④企業・ブランドとファンが直接交流できる

アンバサダーマーケティングの4つ目のメリットとして、企業・ブランドとファンが直接交流できることが挙げられます。

企業の広報担当やマーケティング担当者は、消費者と接する機会が中々ないため「商品・サービスを使用した感想」「意見・要望」などを直接聞くことはありません。

しかし、企業や商品・サービスに対して高い熱量があるアンバサダーとのリレーションを構築することで、企業とファンが交流できる『イベント』を開催することができます

例えば、アンバサダーに向けて『新商品を一緒に考えよう』というイベントを開催するとします。

そこでは熱狂的なファンが自分なりに様々な商品を提案しますが、ファンからの提案を見ることで「どんな思いで商品を利用しているか」「どんな商品が欲しいと思っているのか」などリアルな声を集めることができ、新商品の開発に活かすことができます。

またファンにとっても、自分が好きな商品や企画担当者との交流ができるなど貴重な体験ができるので、さらに熱量が高まり商品・サービスへの愛情が深まります。

三上
企業がイベントを開催することで、アンバサダーの『承認欲求』『成長欲求』『貢献欲求』の3つの欲求を満たすことができます!

メリット⑤アンバサダーのデータをマーケティングで活かせる

アンバサダーマーケティングの5つ目のメリットとして、アンバサダーのデータをマーケティングで活かせることが挙げられます。

基本的にアンバサダーになるためには、所定のサイトからアンバサダー登録をする必要があり、登録したと同時にその人の個人情報がデータとして企業側に届くようになっています。

様々な情報が企業側に届くので、「どのアンバサダーの投稿がいいね・コメントがつきやすいか」「どのアンバサダーが熱心に投稿し続けてくれているか」などアンバサダーの影響力・ユーザーからの評価・貢献度等の情報を収集できます

こうして蓄積されていったデータを基にしてマーケティングを行う際に、『より貢献度の高いアンバサダー』『影響力のあるアンバサダー』『丁寧な仕事をするアンバサダー』を優先的に選定できるので、効果的なマーケティングが実現します。

このようにアンバサダーマーケティングにおいて、アンバサダーのデータは企業としての財産となるので、丁寧に取り扱う必要があります。

アンバサダーマーケティングの3つのデメリットとは?

前述では、アンバサダーマーケティングのメリットを紹介しましたが、反対に「アンバサダーマーケティングのデメリットって何があるの?」と疑問に思う方がいるのではないでしょうか?

そこでここからは、アンバサダーマーケティングのデメリットを3つご紹介します。

▼アンバサダーマーケティングのデメリット▼
  • アンバサダーとなりうる熱狂的なファンを見つけにくい
  • 新規顧客への訴求力が低い
  • 広告っぽい投稿は敬遠される

デメリット①アンバサダーとなりうる熱狂的なファンを見つけにくい

デメリット①アンバサダーとなりうる熱狂的なファンを見つけにくいの画像

アンバサダーマーケティングの1つ目のデメリットとして、アンバサダーとなりうる熱狂的なファンを見つけにくいことが挙げられます。

アンバサダーマーケティングでは、自社商品やサービスに興味関心があり強い愛着を持つ熱狂的なファンが必要になりますが、フォロワーが多く影響力がある熱狂的なファンを見つけることは容易ではありません。

またアンバサダーとなり得る熱狂的なファンを見つけたとしても、「投稿頻度が少ない」「フォロワーとのコミュニケーションがない」というユーザーの場合は、たとえPRしてもらえたとしても顧客が購買行動を起こす可能性が低いと言えます。

熱心で優秀なファンを見つけることは大変ですが、多くの企業では『アンバサダーを募集するキャンペーン』を実施して、アンバサダーになる人を選定しているので、もしアンバサダーが見つからないという担当者の方はキャンペーンを実施してみるといいかもしれません。

デメリット②新規顧客への訴求力が低い

アンバサダーマーケティングの2つ目のデメリットとして、新規顧客への訴求力が低いことが挙げられます。

アンバサダーの周辺にはもともとファンユーザーが多いことから、マーケティング範囲が狭いことがほとんどです。

ですから、もともといるファンへの訴求は可能ですが、新規顧客を多く取り込みたいという場合はあまり期待できません。

もし「新規顧客にも自社商品やサービスを利用してほしい!」という目的でマーケティングを行うなら、フォロワー以外の一般ユーザーにも広く閲覧されているアンバサダーを見つけることが重要です。

訴求力のある投稿をする方法SNSで訴求力が高く、フォロワー以外の一般ユーザーにも閲覧してほしいと考えているなら、『目を惹くようなオシャレな投稿を心掛ける』『画像内に文字を入れ商品の説明・レビューを挟む』などユーザーの目を惹くような投稿を常日頃から行うことが大切です。

デメリット③広告っぽい投稿は敬遠される

デメリット③広告っぽい投稿は敬遠されるの画像

アンバサダーマーケティングの3つ目のデメリットとして、広告っぽい投稿は敬遠されることが挙げられます。

アンバサダーマーケティングでは、アンバサダーとして任命した人に「自社商品やサービスのPR投稿」をお願いしますが、もし以下のようなAさんの投稿内容の場合、お願いされたからPRしてる感が出てしまい、ユーザーは広告っぽさを感じてしまい敬遠される可能性があります。

▼Aさんの投稿▼

『○○の商品を使ってみました!皆さんも使ってね~URLはこちらから!』

しかし自社商品やサービスに対して強い愛着を持つアンバサダーを任命することで、以下Bさんの投稿内容のようにリアルな意見で、熱意のこもった投稿をしてくれるので、多くのユーザーを取り込むことができます。

▼Bさんの投稿▼

『○○の商品を使ってみました!とにかく使用感が良く、朝起きた時の肌荒れが気になっている方におすすめです!私も1週間使ってみましたが、ニキビが消えて大満足です!皆さんも是非使ってください♪URLはこちらから!』

三上
複数人のアンバサダーに同じ商品をPR投稿してもらう場合は、同時刻・同時期に投稿すると広告っぽさが出てしまうので注意が必要ですね!

まとめ

ここまで、「アンバサダーマーケティングが必要とされている理由」「アンバサダーマーケティングのメリット・デメリット」を紹介・解説してきました。

スマートフォンが普及して、誰でも情報を手に入れることができるようになった現代では、広告の影響力が低下しています。

多くのユーザーは、『口コミ』『SNS』などを見てから商品を購入するため、商品・サービスに対して強い熱量を持ち、質の高い情報を提供できるアンバサダーに、PRしてもらう方が効果的に新規顧客もしくはファンを呼び込むことができます。

また、アンバサダー経由で自社SNS・Webサイトへの流入を増加させることができるというメリットがあります。

しかしアンバサダーマーケティングを行う方は、メリットだけでなくデメリットにも目を配らなければいけません。

そこで当記事では、アンバサダーマーケティングのデメリットも合わせて紹介しているので、「自社でターゲットにしているユーザーはどういう人なのか?」を考えたうえで、アンバサダーマーケティングに取り組んでほしいと思います。

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事