【公式】ツイフィールとは?作り方や使い方を画像付きで詳しく解説!

ツイフィというサービスをご存知でしょうか?Twitterなどでよく「詳細はツイフィをご覧ください」と言った言葉が飛び交っているのを目にします。
初めて耳にするという方もいらっしゃるでしょう。
今回、この記事ではツイフィールとは何か、どのように使うのか、使う場合のアカウントの作り方について画像付きで詳しく解説していきます。

プロフィール作るならlit.link!
lit_link_OGP-1024x468
お好きなデザインで作成可能

lit.link(リットリンク)はSNS、Youtube、商品紹介など、いま見て欲しいリンクを、lit.link内オリジナルURLのページに「編集して、すぐ公開できる」無料のプロフィールリンク作成ツールです。

当記事で紹介しているツイフィールは簡単にプロフィールを作れるサービスですが、広告が勝手に挿入されてしまうというデメリットがあります。対してlit.linkは完全無料で使えるだけでなく広告が挿入されません。

ツイフィールとは何か?

ツイフィールTOPページの画像

ツイフィールは自己紹介を記載することができるサービスのことで、ツイフィと略称で呼ばれることが多いです。

このサービスはTwitter社が提供しているサービスではなく、個人開発された外部のサービスになります。

Twitterのプロフィールは文字数制限があり、書きたいことが書ききれなかったり、貼りたいリンクを全て貼れない場合が多くあります。

そう言った場合に、「詳細はツイフィに書いてあるから、詳しくはこっちで見てね」と言った詳しいプロフィールとして使用するものになります。

また、ツイフィール内にある「プロフィール検索機能」を使って、同じ趣味の人や仲間を見つけることができるのも特徴です。

ツイフィールの作り方を解説

ツイフィールを利用するためには、公式サイトから登録を行う必要があります。

時間も掛からず、初心者でも簡単に登録可能です。具体的な登録方法は以下の手順で行います。

▼ツイフィールの登録方法▼
  • ツイフィール公式サイトにアクセスする
  • Twitterアカウントでログイン
  • ログイン情報の入力
  • アカウント作成完了

1.ツイフィール公式サイトにアクセスする

まずは、アカウント作成のためにツイフィール公式サイトにアクセスしましょう。

https://twpf.jp/からアクセスしたら、「プロフィールをつくる」をタップします。

ツイフィール公式サイトTOP画像

2.Twitterアカウントでログイン

続いてTwitterアカウントにログインを行いましょう。

ページ下にある「Twitterアカウントでログイン」という青いボタンを押すと、ログイン画面へと進むことができます。

ツイフィールのTwitterアカウントでのログインの画面画像

3.ログイン情報の入力

Twitterアカウントでログインをタップすると、連携アプリの認証画面に進みますのでアカウント情報を入力して認証を行いましょう。

ツイフィールの連携アプリ認証画面の画像

・ユーザー名(@〜〜〜〜)またはメールアドレス
・パスワード

を入力したら、「連携アプリを認証」をタップしましょう。

4.アカウント作成完了

ツイフィール登録完了画面の画像

以上が、ツイフィールアカウント作成の一連の流れになります。

特に難しい情報の入力などはなく、Twitterアカウントさえ持っていて、アカウント情報を覚えてさえいれば誰でも簡単に1分もあればアカウントの作成が完了します。

ツイフィールの編集方法

「ツイフィール、1度作ったは良いけど直したい箇所があるな」
「ツイフィールにもっと追加したい情報があるな」

ツイフィールを使っていくと、このように考える方もいるのではないでしょうか?ここからは、そんな人のためにツイフィールの編集方法を詳しく解説していきます。

ツイフィールの編集を行うには、いくつかのstepがあります。

▼ツイフィールの編集方法▼

▼ツイフィールの登録方法▼
  • ツイフィールにログインする
  • もっと自己紹介を編集する
  • パーソナルタグを編集する
  • 好きタグを編集する
  • 苦手タグを編集する
  • フリータグを編集する
  • デザインを編集する

上記全てを行う必要はないのですが、よりプロフィールとして完成度を高めるためには、全て設定することをおすすめします。

というのも、タグ設定はツイフィール内のプロフィール検索に引っかかるようになりますので、好きなものや嫌いなものが一緒の人を見つけやすくなります。

以下でツイフィールの編集方法について詳しく解説します。

1.ツイフィールにログインする

ツイフィールの編集を行うには、まずツイフィールにログインをする必要があります。

ツイフィールと検索するか、https://twpf.jp/からアクセスしましょう。

出典:ツイフィール公式サイト

ツイフィールにアクセスしたら

1.右上のログインをタップ
2.Twitterアカウントでログイン
3.連携アプリを認証

の順で進めます。これでログインは完了です。

2.もっと自己紹介を編集する

ログインが完了すると、もっと自己紹介の設定画面に行きますので、今記載しているプロフィール文章を修正したり、追記したりして編集を行うことができます。

ツイフィールのもっと自己紹介入力の画像

3.パーソナルタグを編集する

ツイフィールではタグを設定しておくことで、プロフィール検索で自分と共通の趣味の人と繋がりやすくなります。

マイページをスクロールすると、下の方にメニューが並んでいますのでその中から「パーソナルタグの編集」をタップして設定へと進みます。

パーソナルタグでは「性別、年齢、血液型、職業、出身地、性格、容姿」など個人を表すキーワードを入力します。(入力の際は読点やカンマで区切って入力します。)

例えば、「女性、20歳、A型、大学生、東京都、控えめ、ショートカット」のように入力します。

ただ、細かく自分の情報を入力すると特定の危険性もあるので、入力する際は注意が必要です。

パーソナルタグの編集方法
出典:ツイフィール公式サイト

4.好きタグを編集する

好きタグを編集するには、下のメニューの中から「好きタグの編集」をタップして設定へと進みます。

好きタグでは「趣味、特技、食べ物、場所、動物、人物」など自分が好きなものを表すキーワードを入力します。(入力の際は読点やカンマで区切って入力します。)

例えば、「 音楽、デザイン、お菓子、新宿、ハムスター、歌手A、俳優B、芸人C」のように入力します。

好きタグの編集方法
出典:ツイフィール公式サイト

5.苦手タグを編集する

苦手タグを編集するには、下のメニューの中から「苦手の編集」をタップして設定へと進みます。

苦手タグでは「食べ物、場所、生き物、性格」など自分が苦手なものを表すキーワードを入力します。(入力の際は読点やカンマで区切って入力します。)

例えば、「 セロリ、納豆、高いところ、狭いところ、ゴキブリ、クモ」のように入力します。

苦手タグの編集方法
出典:ツイフィール公式サイト

6.フリータグの編集をする

フリータグを編集するには、下のメニューの中から「フリータグの編集」をタップして設定へと進みます。

パーソナルタグや好きなものタグに書く程でもないキーワードを入力します。(入力の際は読点やカンマで区切って入力します。)

フリータグの編集方法
出典:ツイフィール公式サイト

7.デザインを編集する

デザインを編集して自分のツイフィールの見た目を変更したい場合は、PC版のツイフィールから行う必要があります。

PC版のツイフィールにアクセスするには、スマホ版のツイフィールを1番下までスクロールして「PC用表示」という箇所をタップします。

デザインの設定方法の画像

PC版に移動したら、「デザインの設定」という箇所をタップします。

デザインの設定画面では、全部で6種類の中(デフォルト含む)から選択することができますので、自分の好きなデザインから選択して「保存する」をタップしましょう。

少し不便ですが、一度保存してプレビューしてみないとどんなデザインかを確認することができませんので、全部見たい場合は5回保存して閲覧する必要があります。

デザインの設定方法の画像

以上が、ツイフィールの編集方法になります。

ツイフィールのURLの貼り方とは?

ツイフィール作成したはいいけど、どうやってURLをコピーして貼り付けたらいいのかわからない。という方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ここからはツイフィールのURLの貼り付け方法について詳しく解説します。

ツイフィールのURL貼り付け方法には2種類の方法があります。

1つ目が、ツイフィールのURL(https://twpf.jp/〜〜〜)の〜〜〜の部分をTwitter IDにする方法
⇨筆者の場合は@sora_travelerなのでhttps://twpf.jp/sora_travelerになります。

2つ目が、下記で詳しく解説する公式サイトにログインしてURLシェアをする方法です。

AndroidでのツイフィールURLの貼り付け方法

まずは、AndroidでのツイフィールURLの貼り付け方法をご紹介します。

1.まずは、ツイフィールにログインを行います。

ログイン⇨Twitterアカウントでログイン⇨連携アプリを認証の順でタップするとログインが行えます。

2.ログインが完了したら、シェアボタンからURLをコピーする

3.Twitterのプロフィールに貼り付けて完了

ツイフィールのURLコピーが完了したら、Twitterのプロフィール編集画面を開いて好きなところに貼り付けたら完了です。

ツイフィールのURL貼り付け方法

iPhoneでのツイフィールURLの貼り付け方法

次にiPhoneでのURLの貼り付け方法について解説します。

1.ツイフィールのマイページにログインする。

こちらはAndroidと同じ方法でログインができます。

ツイフィールのマイページからログインしてTwitter連携する方法の画像

2.シェアボタンからURLコピーを行う

iPhoneは下のシェアボタンからURLのコピーを行います。

ツイフィールiPhone URLコピー方法

3.Twitterのプロフィールに貼り付けて完了

Androidと同様に、ツイフィールのURLコピーが完了したら、Twitterのプロフィール編集画面を開いて好きなところに貼り付けたら完了です。

ツイフィールのURL貼り付け方法

ツイプロとの違いは?

ツイプロはTwitterユーザーのプロフィールをより検索しやすくしたサービスです。Twitter上で地域や年齢、職業、趣味など分類を分けてユーザーを探すことができるので効率的にユーザーを探せるのが特徴です。

ツイプロとツイフィールの違いは主に

1.運営会社が違う
2.ツイプロは公式Twitterのプロフィール検索をするサービス、ツイフィールはTwitterに書けないプロフィール情報をより詳細に書くためのサービス

となっているので名前は少し似ていますが、全く違うサービスであることがわかります。

ツイフィールの使い方を具体例と一緒に解説

ツイフィールのアカウント作成が完了したら、次は実際に使用するための手順を確認していきましょう。

アカウントを作成しただけでは、ツイフィールを使っていることにはなりませんので実際の使用例を見ながら解説していきます。

▼ツイフィールの使い方とstep▼
  • もっと自己紹介を入力する
  • Twitterプロフィールに貼り付けする
  • ツイフィ必読と記載する

1.もっと自己紹介を入力

ツイフィールのアカウント作成が終わりましたら、ツイフィール内の「もっと自己紹介」を入力していきます。

ツイフィールのもっと自己紹介の画像

ツイフィールはここの欄に

・地雷(自分の好きではないものや受け付けないものの意味)
・同担拒否(自分の好きなアイドル(推し)が同じ人とは仲良くなりたくないと言った意味)
・合言葉(ツイフィールを最後まで読んでいることを確認するための合言葉を記載する場合もある)
・取引時の注意点(2次創作やイラスト依頼をTwitter上で受けている人が、取引をする際の注意事項を記載する)
などといった、「自分と仲良くなりたいなら、これを読んでからね」のような使い方をする例が多いです。

ツイフィールプロフィール作成完了の画像

ツイフィールのもっと自己紹介を入力したら、「設定を保存する」をタップ。すると、上記画像のように「プロフィールを作成しました。」というテキストが表示されます。

2.TwitterのプロフィールにツイフィールのURLを貼り付ける

ツイフィールの作成が完了したら、ツイフィールのURLをTwitterのプロフィール欄に貼り付けします。

ツイフィールのURLはhttps://twpf.jp/sora_travelerのようにtwpf.jp/の後ろが自分のTwitter IDになっています。

やり方がわからない方は、ツイフィールのマイページからURLシェアボタンを押して、URLのコピーを行いましょう。

ツイフィールのURLコピー

コピーが完了したら、Twitterのプロフィール編集ボタンをタップして、コピーしたURLを貼り付けします。

貼り付ける箇所は「ウェブサイト」でも「自己紹介」の部分でも好きな箇所に貼り付けしましょう。

Twitterのプロフィール編集画面の画像

3.Twitterの名前などに「初回ツイフィ必読」と記載する

ツイフィールを設定しても、見てもらわないことには意味はありません。

そこでツイフィールを利用している人の多くは、「初回ツイフィ必読」や「地雷などはツイフィにてご確認ください」「FF外様初回ツイフィ確認願います」と言った文章を、Twitterプロフィールに記載してトラブルが起こることを避けています。

まとめ

この記事ではツイフィールのアカウント作成方法や、具体的な使用方法について詳しく解説しました。

「Twitterのプロフィールには書ききれない情報がたくさんある」という方にはおすすめのサービスとなっていますので、ぜひ上記の方法で登録してサービスを利用してみてください。

毎日Twitterを使う人や、Twitter上で取引をする方にとってはとても便利なサービスです。

もし、よりデザイン性の優れたページを作成したいのであれば、最近リリースされたばかりのサービスであるlit.linkがおすすめです。

lit.linkでは様々な種類のテンプレートが用意されており、登録も簡単にできます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

lit.linkの疑問はココで解決!
weclipcta
WeClipはlit.linkを運営する会社の新サービス

「lit.linkの使い方がわからない、、、」
「いいデザインにしたいけど、サンプルをみたい」

lit.linkに関する悩みや疑問を全てコミュニティで解決できます!

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事