リンクツリー(linktree) やり方

リンクツリー(linktree)を利用すれば複数メディアのリンクを1つのページでまとめることができ、非常に便利です。インスタグラム(instagram)などではリンクを1つしか貼ることができないため、ユーザーを自分のメディアへ誘導しづらいデメリットがありました。しかし、このリンクツリーを利用すればその点も解決できます。

リンクツリーは設定手順が多く、やり方が分からずに手間取ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はリンクツリーの登録や設定のやり方について詳しく解説していきます。

「リンクツリーのやり方が分からず困っている」

「そもそもリンクツリーってどんなことができるの?」

など、リンクツリーに関する様々な疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

URLまとめるならlit.link!
lit.linkのサンプル画像
お好きなデザインで作成可能

lit.link(リットリンク)はSNS、Youtube、商品紹介など、いま見て欲しいリンクを、lit.link内オリジナルURLのページに「編集して、すぐ公開できる」無料のプロフィールリンク作成ツールです。

当記事で紹介しているlinktree(リンクツリー)は英語のみ対応で一部機能が有料で使用可能ですが、こちらのリットリンクでは日本語対応で有料版リンクツリー以上の機能が利用可能となっています

そもそも、linktree(リンクツリー)で何ができるの?

リンクツリーの登録方法を解説する前に、そもそもリンクツリーを使用すればどのようなことができるのかについてお話ししていきます。リンクツリーは簡単に言えばリンクのダッシュボードのような役割を持っており、以下のようなページが作成可能です。

実際にリンクツリーを利用して作成したページ

このように、複数のリンクをお洒落なデザインで掲載でき、ユーザーを案内しやすくなるメリットがあります。

linktree(リンクツリー)で掲載できるリンクとは?

リンクツリーにはsnsだけではなく幅広い種類のメディアを掲載することが可能です。具体的には次のようなリンクを貼ることができます。

  1. ホームページ
  2. インスタグラムアカウント
  3. twitter
  4. facebook
  5. line@
  6. youtube
  7. サービス紹介
  8. これまでの経歴や実績
  9. キャンペーン情報

このように、リンクツリーは使用目的によって様々なものに利用できるため、多くの方に人気のツールとなっています。

linktree(リンクツリー)の使い方はなぜ分かりにくい?

リンクツリーを利用しようと思ったものの、使い方が分かりにくいという方もいらっしゃると思います。というのも、リンクツリーのページは以下のように全て英語で表記されているのです。

リンクツリー ホームページ画面 英語表記
リンクツリーのホームページ画面は英語表記になっている

そのため「英語だらけで何を書いてるのかさっぱり分からない」と感じる場合もあるでしょう。実際の手順は非常に簡単なのですが、このような英語表記がリンクツリーの使い方を分かりにくくしている要因の1つと言えます。

linktree(リンクツリー)の登録方法とは?

では、ここからはリンクツリーの登録方法について詳しく見ていきましょう。

まず、リンクツリーのホームページにhttps://linktr.eeのurlからアクセスしてください。すると、以下のような画面表示になります。

GET STARTED FOR FREE タップ
アクセスできれば、GET STARTED FOR FREEをタップする

画面上にGET STARTED FOR FREEというボタンがあるので、それをタップしましょう(または右上に設置されているsign up freeボタンをタップ)。

アカウントの個人情報を入力

続いて、アカウント情報を入力していきます。アカウント情報の入力画面は次のようになっているので、それぞれ入力していきましょう。

アカウント情報 入力
アカウント情報を入力

こちらも英語表記となっているため分かりにくいかもしれませんが、日本語訳では上記のようになっています。入力できれば打ち間違えがないかよく確認し、Registerボタンをタップしてください。

アカウント名入力とジャンルカテゴリーを選ぶ

個人情報の入力が完了すれば、アカウント名とジャンルカテゴリーを入力していきます。ジャンルカテゴリーは以下のようにいくつかの選択肢が用意されているため、お好みのものを選ぶようにしましょう。ちなみに、ジャンルは最大で3つまで選択することが可能です。

アカウント名 入力 ジャンル 選択
アカウント名を入力し、ジャンルを選択

これらの記入が終われば、ロボット認証を行う必要があります。表示される指示に従って認証手続きを行なってください。

無料版・有料版の選択

ロボット認証の手続きが終了すれば、プランの選択へと移ります。リンクツリーには無料版プランと有料版プランのそれぞれが用意されていますので、どちらかを選択しましょう。

有料プランは次のように表示されます。もし、有料版を利用される場合にはMake me a Linktree PROのボタンをタップしてください。

Make me a Linktree PRO タップ 有料プラン 利用
Make me a Linktree PROのボタンをタップすれば有料プランで利用できる

無料版のプランは次のように表示されます。もし、無料版のプランを利用する場合にはContinue with Freeのボタンをタップしてください。

Continue with Free タップ 無料プラン 利用
Continue with Freeのボタンをタップすれば無料プランで利用できる

「有料プランだと、具体的に何ができるの?」

と思われる方もいるでしょう。有料プランでは具体的に次のようなサービスを利用することができるため、あらかじめ把握しておくとよいでしょう。

  • リンクのビュー数やクリック数をチェックできる
  • ロゴを削除することができる
  • 利用できる背景のデザイン数が増える
  • アイコンを追加することができる
  • サムネイルを追加することができる
  • ビデオ再生することができる

有料プランではこれらの機能を利用することができます。ただし、とくにこだわりがない方であれば無料プランで十分と言えるでしょう。迷うようであれば、途中から有料プランに切り替える事もできるため、無料プランからスタートすることをおすすめします。

アカウントの登録完了

これらの手続きを全て終えると、アカウント登録は終了となります。作業量が多く手間が掛かりそうに思うかもしれませんが、5分程度あればアカウント登録を終えることが可能です。上記の手続きに沿って進めれば、どのような人でも簡単に登録することができます。

アカウント 登録 完了
アカウント登録完了

続いて、リンクの設定手続きに移りますので、continueのボタンをタップしてください。

linktree(リンクツリー)の使い方とは?

アカウント登録を終えれば、あとはリンクの設定手続きを行う必要があります。アイコン画像や背景デザインを設定し、ユーザーが見やすいページ作りを行うことが大切です。

リンク設定に関してもアカウント登録と同じくページが英語表記となっています。そのため、登録はできてもリンク設定がよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。

以下では分かりやすく日本語で手順を解説していきます。次の流れに沿って、リンクページの設定を行なってみてください。

リンクを設定する

初めに、リンクの設定から行なっていきます。リンクツリーへアクセスするか、もしくはアカウント登録からそのまま進めれば以下のような画面が表示されているでしょう。

Add New Link タップ
Add New Linkをタップ

リンクの設定を行う際は、ページの中心にadd new linkという紫色のボタンがありますので、それをタップしてください。

タイトルとurlを入力

次に、タイトルとurlを入力していきます。add new linkのボタン下に白い四角囲いがありますので、それぞれを入力していきましょう。

タイトル URL 入力
タイトルとURLを入力

複数のリンクを設定する

複数メディアを運営されており、それぞれのリンクを記載したい場合にはリンクを追加していきましょう。リンクをさらに追加する場合も、上記と同じ流れで行うことができます。複数のリンクを追加すると以下のようになります。

同様 手順 リンク追加
同様の手順でリンクを追加できる

リンクの配置を変更する

メディアのリンクタイトルとurlを入力できれば、リンクの配置を変更してみましょう。現状、入力した順番通りにリンクが構成されていると思います。

そのため、自分が最もユーザーに見てもらいたいリンクをページの先頭に配置変えすることが大切です。

リンクの配置変えを行いたい場合には、四角囲いの左側に3つの点がありますので、そこを長押ししてください。

左側 ボタン 長押し 配置変更
左側のボタンを長押しすると配置を変更できる

長押しした状態でスライドさせれば、リンクの構成を変化させることができます。ユーザーを案内しやすい構成を考えるようにしましょう。

アイコン画像の選択をする

リンクのタイトルとurl入力が終われば、リンクページのデザインを作成していきます。リンクをただ貼り付けるだけではなく、アイコン画像や背景デザインも設定することで、よりお洒落なページを作成することが可能です。

アイコン画像の設定はAppearanceのページから行うことができます。

Appearance タップ
Appearanceをタップ

続いて、Pick an Imageをタップしてください。

Pick an Image タップ
Pick an Imageをタップ

以下のような画像アップロード画面が表示されますので、設定したいアイコン画像をアップロードしましょう。

画像 アップロード
画像をアップロードする

背景デザインの設定を行う

アイコン画像を設定することができれば、最後に背景のデザインを整えていきます。AppearanceページのThemesというデザインの一覧表示の中から、自分の好みに合うものを選択してください。

デザイン 選ぶ
デザイン一覧から背景を選ぶ

このように、様々なデザインテンプレートが用意されていますので、お洒落なページ作りを行うことができます。ただし、「PRO」と表示されているものに関しては有料プラン専用のデザインになっているため、無料プランを選択した方は利用することができません。

以上の手順でリンクページを作成すれば、以下のようなリンクページを作成することが可能です。

リンクページ 完成
リンクページ完成

linktree(リンクツリー)からのアクセス数を増やすには?

リンクツリーからのアクセス数を増やすためには、様々な工夫を行うことが大切です。とりあえずリンクを貼っているだけではユーザーにもクリックしてもらいにくい場合もあります。

そこで、以下ではよりユーザーのアクセス数を増やす方法についていくつか解説していきます。なかなかアクセスが増えずにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトル名を工夫する

リンクツリーではタイトル名を自分で設定することができるため、ユーザーにクリックしてもらいやすいタイトル名を考える必要があります。例として以下のものを見てみましょう。

リンクツリー タイトル変更
タイトル名を変更するだけでも、大きく印象が変わる

キャンペーン情報をユーザーに見てもらいたい場合、単純にキャンペーン情報と記載するよりも上記のように具体的に記載した方がアクセスしてもらいやすいでしょう。

このように、同じ情報を貼り付ける場合でもどのようなタイトルをつけるのかによって大きく印象が変わります。より多くのユーザーにアクセスしてもらいたい場合には、タイトルの名称にも気を配ってみると良いでしょう。

リンクの配置を工夫する

タイトルだけではなく、リンクの配置も調整してみましょう。上述したように、ユーザーはページ先頭にあるリンクの方がクリックしやすいです。そのため、できるだけアクセス数を増やしたいリンクをページの先頭に持ってくると閲覧数の増加につなげることができます。

リンクツリー 配置換え
優先度の高いものをページ先頭へ移動

定期的にリンクを更新し、snsで投稿する

一度記載したリンク先のページが更新された場合、その情報をユーザーに伝えることも大切です。インスタグラムなどと連携していれば、普段の投稿でお知らせすると良いでしょう。更新するたびにこまめに投稿し、アクセスしてもらえるように心がけましょう。

まとめ

リンクツリーを使用すれば、お洒落なリンクページを作成することができ、これまで以上にユーザーのアクセス数を増やすことが可能です。しかし、上記でも解説したように英語表記のページとなっていることで、使い方が分かりにくいデメリットもあることが分かります。

もし、リンクツリーの使い方がよく分からず、途中で登録するのを諦めてしまったというのであれば、非常にもったいないです。そのような方は、上記の手順で登録や設定を行えば簡単に利用することができるため、ぜひ参考にしてみてください。

リンクツリーは複数のメディアを運営されている方であれば非常に役立つツールですので、ぜひ一度利用されてみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事