【イラストレーター必見!】POTOFU(ポトフ)とは?特徴や評判・使い方を徹底解説!

皆さんは、『POTOFU(ポトフ)』というサービスを知っていますか?

現代では、Instagram・TikTok・YouTubeなど複数のSNSを利用して活動している方が多いと思いますが、これらSNSを1つのプロフィールにまとめ、多くのユーザーにアピールできる画期的なサービスがPOTOFU(ポトフ)です。

そこで当記事では、リンクまとめサービスPOTOFU(ポトフ)の概要や評判・使い方を徹底解説します。

リンクまとめるならlit.link!
lit_link_OGP-1024x468

lit.link(リットリンク)はSNS、Youtube、商品紹介など、いま見て欲しいリンクを、lit.link内オリジナルURLのページに「編集して、すぐ公開できる」無料のプロフィールリンク作成ツールです。

ボタンの種類が豊富で、柏木由紀さんやきゃりーぱみゅぱみゅさんなどのアーティストの方々も使っている急上昇中のサービスです。

POTOFU(ポトフ)とは?

POTOFU(ポトフ)公式サイトの画像
出典:POTOFU(ポトフ)公式サイト

POTOFU(ポトフ)は、Twitter・Instagram・YouTubeなどのコンテンツを1つのプロフィールページにまとめることができるサービスです。

複数のSNSアカウントを持つ方が増えた現代では、「各SNSを1つにまとめたい!」「Twitterだけじゃなく、InstagramもYouTubeも見てほしい!」といった様々な悩みがあると思います。

そこでPOTOFU(ポトフ)を利用し、複数のSNSアカウントを1つのURLに集約することで、多くのユーザーに自身の活動を知ってもらうことができます。

POTOFU(ポトフ)は有名なイラストレーターに愛用されているサービス

POTOFU(ポトフ)有名なイラストレーターの事例画像
出典:POTOFU(ポトフ)公式サイト

POTOFU(ポトフ)はもともと、クリエイター向けのポートフォリオ&プロフィールページ作成サービスとしてリリースされていて、多くのイラストレーターがプロフィールページを作成し、作品をポトフに掲載しています。

イラストレーターでは、『おいしいさめさん』や『蒼川わかさん』といった有名な方がPOTOFU(ポトフ)を利用し、自身の作品を公開しています。

POTOFU(ポトフ)の5つの特徴は?

ここからは、POTOFU(ポトフ)が持つ5つの特徴をご紹介します。

▼POTOFU(ポトフ)の特徴▼
  • SNSやサイトをまとめる『リンクリスト』が作成できる
  • ポートフォリオとして活用できる
  • シンプルで簡単な操作
  • 登録無料
  • クリエイター支援プラットフォーム『OFUSE(オフセ)』と連携し、収益化できる

①SNSやサイトをまとめる『リンクリスト』が作成できる

複数のSNSを運用している方の多くが、アカウントが多くなってしまったり、他のSNSアカウントもフォローしてほしいという悩みを持っています。

そんな時、POTOFU(ポトフ)でリンクリストを作成しましょう。

運用しているSNSアカウントのURLを貼り付けるだけで、各アカウントを1つのプロフィールにまとめることができます。

また、アイコンやキャプション(説明)なども自由にカスタマイズできるので、自分だけのオリジナルページが作成できます。

②ポートフォリオとして活用できる

POTOFU(ポトフ)で、SNS連携を行うだけでイラストポートフォリオとして活用できます。

例えば、Twitterと連携し画像付きの投稿をした場合は、その画像がActivity(アクティビティ)の中で大きく表示されます。

また、このサムネイル画像をタップすることで、SNS投稿画面が表示されます。

オプションの変更を行うことで、様々な調整ができるので、クリエイターとして活動していてポートフォリオを作りたいと思っている方は一度使ってみてください。

③シンプルで簡単な操作

POTOFU(ポトフ)は、html,css,jsなどのコーディングや複雑な設定がないとてもシンプルなリンクまとめサービスです。

簡単な操作でプロフィール作成が可能で、カスタマイズのやり方や表現の仕方は無限にあります。

リンクまとめサービス初心者の方でも安心してプロフィールページを作成できるので、余計な時間を取られる心配がありません。

④登録無料

POTOFU(ポトフ)は、完全無料でプロフィール&ポートフォリオページを作成できます。

リンクまとめサービスの中には、有料版にアップグレードしないと必要な機能が使えないことがありますが、ポトフは無料で他社に負けない機能が揃っています。

いきなり有料版を利用するのに抵抗がある方は、ポトフでプロフィールを作成してみましょう。

⑤クリエイター支援プラットフォーム『OFUSE(オフセ)』と連携し、収益化できる

OFUSE(オフセ)公式サイトの画像
出典:OFUSE(オフセ)公式サイト

POTOFU(ポトフ)を利用すると、クリエイター支援プラットフォーム『OFUSE(オフセ)』と連携し、ファンレターを通じた収益化を設定することができます。

収益化した場合のクリエイター還元率は90%となっています。

OFUSE(オフセ)は個人・法人どちらでも利用できるので、お仕事を探している方は利用してみてはいかがでしょうか?

POTOFU(ポトフ)の評判やネット上の反応

ここまでPOTOFU(ポトフ)の概要や特徴を解説してきましたが、サービスの評判や評価を気にする方がいるのではないでしょうか?

そこでここからは、POTOFU(ポトフ)の評判やネット上の反応をご紹介します。

良い評判

ネット上で見つけた良い評判は以下の通りです。

こむぎこさんは、アニメやMVなどを作っているクリエイターでTwitterのフォロワーはなんと約220,000人います。

POTOFU(ポトフ)がクリエイターにお試しでサービスを利用してもらう『POTOFU TRY!!』というイベントで、こむぎこさんが実際にプロフィールページを作成し、「SNSが一つにまとめられて便利」とコメントしています。

ポトフでは、このようにクリエイターに向けたイベントなども定期的に行い、盛り上がりを見せています。

https://twitter.com/potofu_official/status/1405803537695526914?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1405854499743305728%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es3_&ref_url=https%3A%2F%2Fhint.lit.link%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D12895action%3Dedit

こちらのユーザーは、POTOFU(ポトフ)が開催した『POTOFUカスタマイズ大賞』に入賞したので、公式アカウントからメンションで受賞のお知らせが届いています。

また「手軽にカスタマイズできて、可能性が無限大にあるサービスなので自分らしさを表現していきたいです!」とコメントしています。

https://twitter.com/parirobo/status/1388413976984244225

paricoさんは、POTOFU(ポトフ)のトップページイラストを担当した方で、主にイラストレーターとして活動しているクリエイターです。

そんなparicoさんはTwitterで、「たくさん伝えたいことがあるときにPOTOFUのURL一つだけを貼ればいいのは楽ちん」とコメントしています。

現代では多くの方がSNSアカウントを持っているので、たくさんの情報を載せたい時に使えそうです。

悪い評判

ここからは、POTOFU(ポトフ)の悪い評判をご紹介します。

結論から申し上げますと、POTOFU(ポトフ)の悪い評判を見つけることはできませんでした。

SNSでPOTOFUのハッシュタグを付けて投稿している方や、高評価している方が多く、特にイラストレーターからは絶大な信頼がおかれていました。

POTOFU(ポトフ)の登録~プロフィール作成までの流れ

ここからは、POTOFU(ポトフ)の登録~プロフィール作成までの流れを詳しく解説していきます。

▼POTOFU(ポトフ)の登録・編集方法▼
  • POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行う
  • プロフィールURLに反映されるあなたのIDを作成する
  • プロフィール情報を編集する
  • リンクリスト設定を行う
  • プレビューでプロフィールをチェックする
  • 公開URLをコピーする
  • 各SNSのバイオリンク等に貼り付ける

1.POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行う

まず、『POTOFU(ポトフ)』のサイトを開きます。

https://potofu.me/からサイトを開くことができますが、「POTOFU」と英語検索した方が早く見つけることができるのでおすすめです。

1.POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行うの画像

サイトを開いたら、「新規登録」をタップします。

次に、「新規IDを作成してログイン」をタップします。

1.POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行うの画像

すると、ログイン方法を選択する画面に移行します。

ログイン方法は以下の通りです。

  • Googleログイン
  • Facebookログイン
  • Twitterログイン
  • Appleログイン

ログイン方法を決めたら、タップして選択します。※今回は、Googleでログインする方法で解説を進めていきます

1.POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行うの画像

次に、メールアドレスまたは電話番号を記入します。

記入が終わったら、「次へ」をタップします。

次に、パスワードを記入します。

記入が終わったら、「次へ」をタップします。

1.POTOFU(ポトフ)にログインし、新規登録を行うの画像

次に、「このアカウントでPOTOFUにログインする」をタップします。

ここまでで、新規登録は完了です。ここからは、プロフィール作成へと入っていきます。

2.プロフィールURLに反映されるあなたのIDを作成する

POTOFU(ポトフ)では、あなただけのURLを作成することができます。

2.プロフィールURLに反映されるあなたのIDを作成するの画像

まず、お好きなIDを記入します。この入力したIDがプロフィールURLとして適用されます。

記入が終わったら、「決定」をタップします。

3.プロフィール情報を編集する

ここでは、プロフィール情報を編集を行います。

3.プロフィール情報を編集するの画像

手順2でIDを決めると、様々な編集ができるホームに移行しますが、その中の「プロフィール編集ページへ」をタップします。

ここで編集できる内容は以下の通りです。

  • プロフィールID
  • 写真
  • 名前
  • プロフィール
  • メール窓口設定
  • シェア設定

全ての設定が完了したら、ページ最下部にある「保存」をタップします。

4.リンクリスト設定を行う

ここでは、Twitter・Instagram・YouTubeなどのリンクをまとめられるリンクリスト設定を行います。

4.リンクリスト設定を行うの画像

まずページ左上にある「縦3本線」をタップします。

次に、タブの中から「リンクリスト設定」をタップします。

リンクリスト設定では各SNSのURLをコピペするだけで、簡単にSNSをまとめることができます。

実際に設定できる項目は以下の通りです。

  • アイコン(カラー・白黒)
  • 表示
  • URL
  • 補足テキスト

作成が完了したら、ページ最下部の「保存」をタップします。

5.プレビューでプロフィールをチェックする

ここでは、プレビューでプロフィールページの最終確認を行います。

5.プレビューでプロフィールをチェックするの画像

まずページ左上にある「縦3本線」をタップします。

次に、タブの中から「プレビュー」をタップします。

プレビューをタップすると、自身のプロフィールが表示されるので、「URLは間違えていないか」「誤字脱字はないか」などをチェックしてください。

6.公開URLをコピーする

ここでは、SNS等にプロフィールページを公開するための『公開URL』をコピーするやり方を解説しています。

6.公開URLをコピーするの画像

まず、プレビューの状態でページ上部にある「公開URLはこちら」をタップします。

次に、URLをコピーします。※プレビューの状態でURLをコピーしても、ページを開くことができないので、必ず「公開URLはこちら」を押してからコピーしましょう

7.各SNSのバイオリンク等に貼り付ける

プロフィールページをコピーできたら、各SNSにURLを貼り付けましょう。

7.各SNSのバイオリンク等に貼り付けるの画像

各SNSのリンクバイオに、手順6でコピーしたURLを貼り付けます。

本来リンクバイオには、一つのURLしか貼ることができませんが、POTOFU(ポトフ)で複数のSNSリンクを一つのURLにまとめているので、全SNSに目を通してもらうことができます。

これでPOTOFU(ポトフ)の登録~プロフィール作成までの流れは以上です。

筆者がPOTOFU(ポトフ)でプロフィールページを作ってみた感想!

POTOFU(ポトフ)プロフィールページ

前述では、POTOFU(ポトフ)の登録~プロフィール作成までの流れを解説してきましたが、ここでは実際にプロフィールページを作成してみた感想をご紹介します。

結論から申し上げますと、プロフィールページの作成が簡単で、自分だけのオリジナルページが作成できる良質なサービスということがわかりました。

今回筆者が作ったリンクはこちらです。※2分で簡単に作ったプロフィールページとなっています

無料で手軽なプロフィールページが作成できたことはもちろんのこと、ページのカスタマイズや様々なリンクが貼れるので、SNSのフォロワーやユーザーに自分の活動をアピールできます。

リンクに関しても、SNSだけでなく、「note(ノート)」や「ニコニコ動画」などのリンクも作成できるので、ネットを使った活動をしている方は是非利用してほしいと思います。

まとめ

ここまで、イラストレーターに愛用されている『POTOFU(ポトフ)』を紹介してきました。

POTOFU(ポトフ)では、SNSコンテンツを1つのURLにまとめることができるので、活動している全SNSに目を通してもらうことができます。

また、クリエイター向けのポートフォリオ&プロフィールページ作成サービスとしてリリースされていることもあり、多くの有名クリエイターがポトフを使ってプロフィール作成しています。

実際に筆者が使って感じたことは、簡単にリンクをまとめられますし、自身の活動をユーザーにアピールできるいいサービスということです。

複数のSNSを運用している方は特に、POTOFU(ポトフ)でリンクをまとめスッキリしたプロフィールを作成してみてはいかがでしょうか?

lit.linkの疑問はココで解決!
weclipcta
WeClipはlit.linkを運営する会社の新サービス

「lit.linkの使い方がわからない、、、」
「いいデザインにしたいけど、サンプルをみたい」

lit.linkに関する悩みや疑問を全てコミュニティで解決できます!

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事