【2022年最新版】インスタ運用代行おすすめTop10!費用相場も紹介

近年、インスタグラムの自社アカウントを積極的に活用して、集客や売上につなげようという動きは日を増すごとに強くなっています。

インスタグラムを効果的に運用するためには、時間や労力に加えスキルやノウハウが必要なことも事実です。

社内にそういったノウハウがない場合、インスタグラムを運用代行してくれる企業へ運用を依頼するのも1つの有効な手段です。

しかし、現在インスタグラムの運用を代行する企業は数多くあります。

「どのような企業に運用を依頼すれば良いか分からない」

「インスタグラムの運用代行を利用するメリットが知りたい」

このような悩みをお持ちの場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事ではインスタグラム運用代行のおすすめ企業や、依頼する際のポイント、インスタグラム運用代行を成功させるためのコツなどを詳しく解説していきます。

この記事でわかること

・インスタ運用代行の費用相場
・相場別のサービス内容とおすすめできる人のタイプ
・インスタ運用代行で失敗するケース

Contents
  1. インスタ運用代行おすすめTop10を紹介
  2. そもそもインスタ運用代行とは?
  3. 企業におすすめのインスタ運用代行3つの特徴とは?
  4. インスタ運用代行を利用するメリット・デメリットとは?
  5. インスタ運用代行の費用相場はどれくらい?
  6. インスタ運用代行を選ぶ際の3つのポイントとは?
  7. インスタ運用代行が開始されるまでの流れを紹介
  8. Instagram運用を成功させるコツ3選
  9. まとめ

インスタ運用代行おすすめTop10を紹介

ここでは、2022年9月最新の人気で評判の高いインスタ運用代行サービスを順番に紹介していきます。

  • SAKIYOMI
  • Social Media Lab(ソーシャルメディアラボ)
  • テテマーチ
  • Find Model(ファインドモデル)
  • Members
  • hottolink(ホットリンク)
  • Spread
  • HELP YOU
  • BUCKET
  • CyberBuzz

それぞれの特徴や料金プランについても解説していますので、ぜひ依頼を検討する際の参考にしてみてください。

1位:SAKIYOMI

SAKIYOMIのTOP画像
出典:SAKIYOMI

SAKIYOMIは、上記画像にも記載があるとおり、フォロワー数が10,000人を超えるまでの平均期間が4.2ヶ月と、その驚異のフォロワー数増加のノウハウが魅力の運用代行企業です。

中には半年で20万フォロワーを達成したアカウントもあり、「結果が出るのが早い」という依頼する側が最も嬉しい特徴があることからもおすすめのサービスです。

特徴 ・結果が出るまでがとにかく早い
・インフルエンサーが手数料無料でアサイン可能
・インスタグラムのアルゴリズムをもとにターゲットのフォロワー層を獲得可能
機能 レポーティング、コンサルティング、マーケティングツールの利用、フィード投稿、ストーリーズ投稿、インスタライブ、キャンペーン施策など
料金プラン ・Consulting Plan:5万円/月
・Small Plan:35万円/月
・Standard Plan:50万円/月

料金プランは、最もお手軽なプランだと月5万円から依頼できるため、まずは試しに運用を依頼したい場合にも、費用的な敷居が低いのでおすすめです。

SAKIYOMIの利用がおすすめな人

・少しでも早くファンを増やして成果に繋げたい人
・インフルエンサーを起用してみたい人

SAKIYOMI (公式ページ)

2位:Social Media Lab(ソーシャルメディアラボ)

Social Media Lab(ソーシャルメディアラボ) は、2009年よりSNSマーケティングの業界で活躍している業界大手の運用代行企業です。

24時間365日常に監視体制が敷かれ、万が一炎上といったリスクが発生した場合も迅速に対応してもらえるので、非常に安心感をもって運用してもらえます。

ただしソーシャルメディアラボには固定の料金プランが存在せず、全て問い合わせによる個別見積もりのため、依頼を相談するまで費用の目処が立ちにくい点には注意が必要です。

特徴 ・運用実績が500社を超える業界大手の運用代行企業
・24時間監視体制でリスクに素早く対応してもらえる
・クライアントのニーズに合わせた最適な提案が魅力
機能

・投稿企画
・運用コンサルティング
・コンテンツ作成
・投稿代行
・コメントの監視および返信
・月次レポート
・定例ミーティング
・SNS広告運用
・リスクマネジメントの勉強会
・動画制作および編集
・取材・撮影
・WEBサイト作成
・広報PRなど

料金プラン ・固定の料金プランはなく、問い合わせにより都度見積もりを作成
※ただし最低契約期間は6ヶ月~

最低契約期間が6ヶ月以上となっていますので、気になる場合はまず問い合わせから見積もり依頼してみるのがおすすめです。

ソーシャルメディアラボの利用がおすすめな人

・業界大手の運用代行企業に依頼したい人
・リスクに対して徹底された環境で、安全に運用を依頼したい人

Social Media Lab (公式ページ)

3位:テテマーチ

テテマーチは、創業から6年で700社以上のプランニング実績がある、経験豊富な運用代行企業です。

過去にプランニングを手掛けたクライアントには「テレビ東京」や「ロッテ」など、大手企業での運用実績もあり、運用面で信頼できる企業と言えます。

依頼のあったクライアントに対し、それぞれに最適な人材を確保したプロジェクトチームを組んで手厚く運用代行してもらえる点も魅力的です。

特徴 ・大手企業を含む豊富な運用経験と実績がある
・クライアント毎に最適なプロジェクトチームを編成して手厚い運用を受けられる
・依頼相場は高めの設定
機能 ・投稿の企画および管理
・クリエイティブ企画
・コンセプト設計
・運用マニュアル作成
・運用レポートの作成
・定例ミーティングなど
料金プラン ・クリエイティブサポートプラン:40万円~/月+初期費用25万円
・インハウスサポートプラン:40万円~/月+初期費用40万円
・トータルサポートプラン:100万円/月+初期費用40万円

実績も十分で大手の依頼にも慣れていますが、その分依頼費用はやや高めの設定のため、インスタグラムの運用にしっかりと予算が割ける企業におすすめです。

テテマーチの利用がおすすめな人

・しっかりと実績のある企業にインスタ運用代行を依頼したい人
・インスタグラム運用に潤沢な予算が割ける人

4位:Find Model(ファインドモデル)

ファインドモデルは、インフルエンサーマーケティングに特化したブランドで、インスタグラムの運用代行も合わせて依頼可能です。

ファインドモデルの最大の強みは、影響力のあるクリエイターに自社の商品を宣伝してもらえる点です。

SNS運用の実績も豊富で、アカウントの設計から投稿の代行まで、幅広くサポートを受けられるのもファインドモデルの強みと言えます。

特徴 ・影響力のあるクリエイターに自社の商品を宣伝してもらえる
・インフルエンサーが低コストでアサイン可能
・料金プランは業務内容が決まっており、分かりやすい反面少しフレキシブルさに欠ける
機能 ・サポートデスク
・レポート作成
・投稿代行
・投稿文作成
・改善/施策ミーティング
・DM/コメント返信
・画像作成、編集
・動画作成、編集など
料金プラン ・ライトプラン:10万円/月
・スタンダードプラン:20万円~/月
・プレミアムプラン:30万円~/月

ファインドモデルはインスタ運用代行に固定プランを設けているため、月ごとの費用と依頼内容が明確で分かりやすい点も特徴です。

ファインドモデルの利用がおすすめな人

・影響力のあるクリエイターやインフルエンサーをアサインしてブランド認知を広めたい人
・分かりやすい料金体系で運用代行を依頼したい人

Find Model(公式ページ)

5位:Members

MembersのTOP画像
出典:Members

Members(メンバーズ)は、インスタグラム以外の複数のSNSも一括で運用可能な運用代行サービスです。

特にWeChatやウェイボーなどのSNSに対応している点が、他の運用代行企業と大きく異なります。

特徴 ・WeChatやウェイボーといった様々なSNSの運用も可能
・複数のSNSを一括して運用依頼できる
・30人の専任運用体制
機能

・投稿の企画及び制作
・動画の企画及び制作
・投稿オペレーション代行
・コメント返信及び監視
・効果検証レポーティング
・海外向けのアカウント開設や運用代行など

料金プラン ・初期費用は問い合わせが必要
・費用は個別に対応しており自動見積もり

「パナソニック株式会社」や「富士ゼロックス株式会社」など、大企業でも導入の実績があり、安心して運用依頼が可能です。

Membersの利用がおすすめな人

・大企業の運用実績もある、大手企業に代行を依頼したい人
・SNS運用を丸ごとお願いしたい人

Members(公式ページ)

6位:hottolink(ホットリンク)

ホットリンクは、2000年創業のSNSマーケティングに特化した運用代行企業です。

AIを用いたビッグデータの解析による運用サポートや、データ分析のスペシャリスト軍団による根拠のある運用提案が魅力です。

また、インスタグラムだけではなく、Twitterの運用にも力を入れています。

特徴 ・AIによるソーシャルビッグデータ分析により、手厚い運用サポートが受けられる
・社内にコンサルティングやマーケティングのスペシャリストが在籍している
・インスタグラムだけでなく、Twitterマーケティングやインフルエンサーマーケティングにも力を入れている
機能 ・戦略策定
・アカウント設計
・定期ミーティング
・ノウハウのレクチャー
・アカウント運用
・広告配信
・企画提案
・クリエイティブの制作など
料金プラン 固定の料金プランはなく、問い合わせにより都度見積もりを作成

費用については固定の料金プランを設定していないため、都度見積もり依頼する必要があります。

ホットリンクの利用がおすすめな人

・しっかりとした分析から、根拠を示して運用方針を決めたい人
・インスタグラムだけでなく、他のSNS運用もまとめて依頼したい人

hottolink (公式ページ)

7位:Spread

出典:Spread

Spreadは、各カテゴリーのスペシャリストによってインスタ運用を代行してもらえるアウトソーシングサービスです。

料金プランが細かく設定されており、依頼したい内容や予算に合わせてサポートの内容を選べます。

インフルエンサーによる投稿も可能で、目的に合わせて必要なサービスを選択できる点が魅力です。

特徴 ・各分野のスペシャリストがインスタグラムの運用をサポートしてくれる
・インフルエンサーによる投稿が可能
・料金プランが豊富で必要なサービスを選んで運用可能
機能 ・打ち合わせ
・撮影ブリーフ作成
・画像撮影
・画像加工
・インスタグラム投稿代行
・ハッシュタグ選定
・ストーリーズ投稿
・結果報告会
・インフルエンサーのアサインなど
料金プラン ・インスタ映え撮影プラン:5万円~/月
・アカウント専用プラン:15万円~/月
・広告アカウント専用プラン:代行費用広告費の15%
・インフルエンサーアサインプラン:1万円〜/アサイン

3,000名を超える所属クリエイターにより、ハイクオリティな投稿でファンを獲得したい人には特におすすめです。

Spreadの利用がおすすめな人

・クオリティの高い投稿でファンを獲得したい人
・インフルエンサーを起用してみたい人

Spread(公式ページ)

8位:HELP YOU

HELP YOUのTOP画像
出典:HELP YOU

HELP YOUは、「三井不動産」や「楽天」のサポート実績を持つ、大手のオンラインアウトソーシングサービスです。

公式HPによると継続利用率は98%とのことで、高いリピート率を誇る代行運用企業と言えます。

非常にレベルの高いスキルを持ったアシスタントチームメンバーがインスタグラムの運用をサポートしてくれます。

特徴 ・専属のディレクターを窓口に、質の高いサポートが受けられる
・料金プランが「通常プラン」と「カスタムプラン」の2パターンのみで分かりやすい
・平均継続率は驚異の98%と、高いリピート率が特徴
機能 ・画像選定
・画像編集/インスタグラム投稿
・資料作成
・動画編集
・運用スケジュール作成
・解析レポート作成
・プレスリリース
・メルマガの作成、配信など
料金プラン ・通常プラン:10万円/月
※契約期間:6ヶ月~、実働時間:30時間/月
・カスタムプラン:依頼内容次第で見積もり作成

カスタムプランの場合は実際に依頼するまで見積費用は分かりませんが、高い成果を期待する場合はカスタムプランによる運用がおすすめです。

HELP YOUの利用がおすすめな人

・少しでも早くファンを増やして成果に繋げたい人
・インフルエンサーを起用してみたい人

HELP YOU (公式ページ)

9位:BUCKET

出典:BUCKET

BUCKETは、2008年のサービス開始当初から培われた、さまざまなソーシャルメディア運用ノウハウをもとに、多数の運用実績があるSNS運用の代行企業です。

提案だけではなく、実行して形にするところまで責任を持って対応してくれる高い運用力が魅力で、安心してインスタ運用代行を依頼できます。

特徴 ・戦略から実行まで一貫してまとめて依頼ができ、全て1社で完結可能
・ビジネスゴールの達成に向けたプランニング
・複数の投稿は一連の大きなストーリーとしてプランニング
機能 ・KGI/KPI策定
・投稿プラン策定
・SNSアカウントの開設
・プロフィール画像の作成
・投稿の作成
・コメント返信
・モニタリングレポート
・運用報告レポート
・イベント中継
・キャンペーン支援など
料金プラン ・運用費用は依頼内容のボリュームにより別途お見積もり
・戦略策定(初回):20万円
・SNSアカウント開設(初回):15万円
・運用マニュアル・運用ガイドライン作成:20万円
・アカウント管理/投稿管理:30万円/月
・ユーザーサポート:15万円/月
・モニタリングレポート:10万円/月
・運用報告レポート:10万円/月
・イベント中継:20万円/回・月
・キャンペーン支援:30万円/期間中

インスタグラムだけでなく、TwitterやLINEのアカウントなども運用代行が可能です。

BUCKETの利用がおすすめな人

・豊富な運用実績を持つ企業に依頼したい人
・インスタグラムだけでなく他のSNS運用も依頼したい人

BUCKET(公式ページ)

10位:CyberBuzz

CyberBuzzのTOP画像
出典:CyberBuzz

CyberBuzzは、芸能プロダクションや大手食品メーカーなどの運用実績がある、Instagramの運用代行サービスです。

独自の分析ツールを利用して、感覚に頼らず分析にてPDCAサイクルを回す独自の手法が人気です。

特徴 ・企画から振り返りまで、一貫してSNSアカウントの運用を依頼可能
・独自の分析ツールによる分析をもとに、感覚に頼らないPDCAが実践できる
・炎上などのリスクにも対応可能な丁寧な運用が魅力
機能 ・投稿内容の作成
・投稿作業代行
・クリエイティブ制作
・アカウントの効果測定など
料金プラン 初期費用:20万円~
・基本運用プラン:35万円~/月
・投稿選出/運用プラン:55万円~/月
・制作/運用プラン:70万円~/月

CyberBuzzではインスタグラムだけでなく、TwitterやFacebookと連携したキャンペーン施策も可能なので、他のSNSと連携させて運用代行を依頼したい方にもおすすめです。

Cyber Buzzの利用がおすすめな人

・インスタグラム運用をまだ始めていない人
・プランニングから運用、改善策の提案までトータルでサポートして欲しい人

CyberBuzz(公式ページ)

そもそもインスタ運用代行とは?

インスタ運用代行とは、企業や個人のインスタグラムアカウントを、独自のノウハウを持つSNSマーケティングに特化した企業が代わりに運用してくれるサービスのことです。

現在ではインスタ運用を代行する企業は数多く、さまざまなサービスが提供されていますが、費用や目的によって何をどこまで対応してもらえるかが異なります。

一般的に代行してもらえる具体的なサービス内容の一例は下記の通りです。

インスタ運用代行の主なサービス内容

・インスタグラムへの投稿作業
・投稿内容の作成
・画像加工
・ハッシュタグ選定
・いいねやコメントへの対応
・レポートの作成
・写真や動画のコンテンツクリエイティブ
・広告、キャンペーン施策の提案
・アカウントの運用戦略立案

上記の通り作業の代行だけでなく、予算によって運用のコンサルティングやキャンペーン施策の提案など、インスタグラム運用によるマーケティング効果が得られる手助けまでしてもらえる点が特徴です。

企業におすすめのインスタ運用代行3つの特徴とは?

近年ニーズの高まっているインスタグラムの運用代行ですが、いくつかの特徴があります。

インスタ運用代行の特徴は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • それぞれの代行企業でサポートの範囲が異なる
  • 多くの代行企業では最低契約期間を設けている
  • 運用代行は企業だけでなく、個人やフリーランスへの依頼も存在する

それでは1つずつ順番に解説します。

1.それぞれの代行企業でサポートの範囲が異なる

冒頭でも紹介したとおり、現在インスタグラムの運用代行を依頼できる企業は数多く存在します。

それぞれさまざまなプランを提供しており、選択するプランによりサポートの範囲が異なります。

また各企業により過去の実績や依頼できる内容が異なるため、インスタ運用代行を依頼する際は依頼先の企業をよく吟味することが重要です。

インスタ運用代行を依頼する際のポイントについては、後ほど詳しく解説します。

2.多くの代行企業では最低契約期間を設けている

多くのインスタ運用代行会社では、最低契約期間が設定されています。

最低契約期間は各運用代行企業によってさまざまですが、一般的に6ヶ月前後の場合が多く、3ヶ月や1年というケースもあります。

インスタグラムの運用は短期間では成果が出にくく、それぞれの企業に依頼した場合でも即効性のある運用は難しいこともあり、こういった契約期間が設けられています。

依頼主の企業とのヒアリングやコミュニケーションも重要なため、こういった最低契約期間は必要な面もありますが、費用面からもやはり短いに越したことはありません。

自信を持ってインスタ運用を代行している企業ほど最低契約期間が短く設定されていることも多いので、事前に確認してみるのがおすすめです。

3.運用代行は企業だけでなく、個人やフリーランスへの依頼も存在する

インスタグラムの運用代行を依頼できるのは、何も企業だけではありません。

最近では、個人やフリーランスからインスタグラムの運用代行を営業されることもあります。

個人やフリーランスへ依頼する場合は、インスタグラムの運用代行を企業へ依頼する場合よりも費用が格安な点が魅力です。

ただし個人やフリーランスの場合、過去の実績が分かりにくかったり、企業に比べ運用の実績が少なかったりすることが多いため注意が必要です。

また、個人の場合は得意な分野に特化しているケースが多く、望んだ結果が得られないこともあるため、価格が安いからと安易に依頼することはやめておきましょう。

インスタ運用代行を利用するメリット・デメリットとは?

インスタグラムの運用代行を依頼することには、メリットはもちろんデメリットもあります。

インスタ運用の代行を検討する場合は、こういったメリットとデメリットを把握しておくと、後々「こんなはずではなかった」と後悔することも少なくなります。

これから解説するインスタ運用代行のメリットとデメリットを学び、運用代行を依頼するか検討する際の参考にしてください。

インスタ運用代行を利用する5つのメリット

インスタ運用代行を利用するメリットは多くありますが、代表的なメリットは以下の5つです。

  • プロならではの高い運用効果が期待できる
  • インスタ運用の手間を軽減できる
  • 安全にインスタグラムを運用できる
  • 定期的な投稿が可能となる
  • 第三者の目線から自社のことを見られる

1つずつ順番に解説していきます。

1.プロならではの高い運用効果が期待できる

インスタグラムの運用を代行する企業は、当然のことながらインスタ運用に効果的なノウハウや知識を多く持っています。

このようなノウハウや知識を得られることがインスタ運用代行を利用する最も大きなメリットです。

運用を企業に依頼することで、素人には真似できないクリエイティブの作成など、社内での運用では難しいレベルの作業まで依頼が可能です。

また、これまで技術的な面でなかなかインスタグラムの運用に着手できていなかった企業でも、インスタ運営を代行依頼することで、プロクオリティの配信や手厚いコンサルティングが受けられます。

経験をもとにした独自のノウハウにより高いマーケティング効果が期待できる点は、インスタ運営を代行依頼する1番のメリットです。

2.インスタ運用の手間を軽減できる

多くの場合、インスタグラムの運用担当者は本業を抱えながらインスタグラムの運用にあたっています。

インスタグラムの運用には、非常に多くの手間と時間がかかります。

インスタ運用代行へ運用を依頼することにより、こういった手間や拘束時間から解放され、担当者も本業に集中することが可能です。

3.安全にインスタグラムを運用できる

インスタグラム運用のノウハウがない場合、悪気がなくても知らないうちに反感を買うような内容を投稿していたり、場合によっては炎上してしまうケースもあります。

特に近年では、どのような切り口から炎上などのリスクへ繋がるか分かりません。

また、個人のアカウントではなく企業のアカウントで炎上などが起きた場合、企業やブランドのイメージが悪くなってしまい大打撃にもなりかねません。

それだけでなく、インスタグラムを運用していた担当者が責任を感じてしまうこともあります。

インスタ運用の代行企業はこういったリスクに対する知識も豊富なため、どのような投稿や対応が炎上につながりやすいかをよく心得ています。

そういった炎上などのリスクから解放されるという点も、インスタ運用を代行企業に依頼するメリットと言えます。

4.定期的な投稿が可能となる

インスタグラムを効果的に運用する場合、定期的な投稿が必要不可欠です。

しかし他にも社内の仕事を抱えている場合や、単純に新しい投稿のネタを思いつかない場合など、定期的な投稿が難しいこともあります。

そのような場合でもインスタ運用代行を利用すれば、定期的な投稿はもちろん、更新頻度を上げることも可能です。

また早朝や遅い時間など、業務時間に縛られることなくいつでも投稿が可能な点も、運用代行を利用するメリットです。

5.第三者の目線から自社のことを見られる

インスタグラムの運用を代行依頼することで得られるメリットは、なにもインスタグラムに関することだけではありません。

エンドユーザーへ自社の魅力を伝えることに特化した代行企業に、自社のサービスを客観的に見てもらうことで、今後の会社運営のヒントが見つかることもあります。

こういった気付きは非常に貴重で、企業にとって重要な意見です。

そのため、このようなアドバイスが受けられるかもしれないという点も、インスタ運用代行を依頼する大きなメリットと言えます。

インスタ運用代行を利用する3つのデメリット

続いて、インスタ運用代行を利用するデメリットを解説します。

インスタ運用代行を利用する主なデメリットは以下の3つです。

  • 運用代行の依頼にはコストがかかる
  • いつまでもインスタ運用のノウハウが蓄積されない
  • 運用代行の前後でイメージが大きく変わることもある

それでは、インスタ運用代行のデメリットについても1点ずつ詳しく解説していきます。

1.運用代行の依頼にはコストがかかる

当然のことながらインスタ運用代行を依頼すれば、それに見合うコストが必要となります。

依頼する企業によりコストはさまざまですが、月々平均30万円ほどのコストがかかるため、決して安い金額ではありません。

それ以外にも初期費用がかかったり、広告を出す場合は別途広告費が、クリエイティブの作成には出張費がかかることもあります。

最低契約期間を設けている企業も多く、そういったまとまった金額が毎月かかる点には注意が必要です。

依頼の際にはあらかじめ予算金額を提示し、予算の範囲内で納得のできるプランが選べるかしっかり確認しましょう。

2.いつまでもインスタ運用のノウハウが蓄積されない

インスタグラムの運用を外注する場合、作業から解放され他の仕事に時間を割くことが可能ですが、一方でいつまでたっても社内にインスタグラムの運用ノウハウが蓄積しないというデメリットもあります。

運用を代行する企業もそういった独自のノウハウで収益を上げているため、質問などには応えてくれてもノウハウを全て共有してくれることはなかなかありません。

ただし、中にはインスタ運用のノウハウを共有してくれる運用代行企業もありますので、気になる場合は依頼時にそのあたりを確認しておくのがおすすめです。

3.運用代行の前後でイメージが大きく変わることもある

こちらも当然と言えば当然なのですが、インスタ運用を依頼する前後でアカウントのイメージが大きく変わることもあります。

インスタグラムの運用が思うようにいっておらず、運用代行企業へ依頼をした場合、マーケティング効果を得られるようガラッと見せ方を変えることもあります。

そのような状況を防ぐには、依頼時にインスタ運用を代行する企業としっかり打ち合わせをして、ブランドや企業イメージをすり合わせることが重要です。

特に譲れないポイントやこだわりのポイントがある場合には、きちんと共有して理解してもらうようにしましょう。

インスタ運用代行の費用相場はどれくらい?

実際にインスタグラムの運用を代行依頼したいと思った場合、どれくらいの費用を想定しておけば良いのでしょうか。

ここからは、インスタ運用代行の費用相場を解説します。

インスタグラムの運用を代行依頼する場合、代行にかかる費用は各代行企業によって異なりますが、何をどこまで依頼するかによっても大きくコストが変化します。

インスタ運用代行企業に依頼する作業内容別に費用相場を表にまとめました。

依頼する業務内容 費用相場 概要
初期費用 0~30万円

・インスタグラムの運用代行に着手する際にかかる費用

・初期費用を設けていない企業から、30万円ほどの場合まで各企業により大きく異なる

インスタグラムの各種作業代行 5~25万円

・投稿作業やハッシュタグ選定、投稿文の作成など作業部分を依頼する場合の費用

・それぞれの作業に左の費用相場がかかる

アカウントのコンサルティング費用 10~40万円

・インスタグラムの運用における自社アカウントのコンサルティング費用

・マーケティング効果が得られるよう、運用代行企業からコンサルティングが受けられる

写真や動画などのコンテンツクリエイティブ 5~40万円

・インスタグラムで最も重要な、画像や動画の作成を依頼する際に発生する費用

・各社により設定金額が大きく異なる部分であり、クオリティの差も生じやすいカテゴリー

広告やキャンペーン費用 5~100万円

・アカウントを更に成長させるための広告や独自キャンペーンの開催にかかる費用

・内容により費用は大きく異なるため、自社の求める目標をきちんと共有してすり合わせする事が重要

それぞれ順番に、詳しく解説していきます。

初期費用(0~30万円)

インスタグラムの運用代行にかかる初期費用は0~30万円程と料金の設定に幅があります。

初期費用は低い方が良く、中には初期費用を設定していない場合もありますが、そういった場合は何かとオプション料金がかかるケースも多くあります。

ですので「初期費用がない代行企業=コストが安い企業」とはならないため、依頼したい内容をリストアップし、各社見積もりを取って内容と総額で総合的に判断することが重要です。

インスタグラムの各種作業代行(5~25万円)

インスタ運用代行企業で代行してくれる作業は多岐に渡ります。

クリエイティブな部分から依頼することも可能ですが、下記のような単純な作業部分を代行してもらうこともできます。

インスタ代行依頼可能な作業内容

・インスタグラムの投稿作業
・投稿におけるハッシュタグ選定
・投稿文の作成
・いいねやコメント対応など

依頼する内容が増えれば増えるほど、費用も高くなる傾向があります。

少しでも運用代行の費用を抑えたい場合は、作業負担をどこまで依頼するかを検討し、自社で可能な部分は自社で行うというのも1つの方法です。

アカウントのコンサルティング費用(10~40万円)

自社にてインスタグラムを運用する場合、しっかりと収益化に向けて正しい舵取りができているか、SNSマーケティングに強い企業からコンサルティングを受けることが可能です。

その場合の費用相場は安くても月に10万円程度、より詳細なデータを測定し、効果的な運用の指導を受ける場合には30~40万円程の費用がかかる場合もあります。

インスタ運用の結果を左右する重要な部分であり、各企業がこれまでの実績から編み出した独自のノウハウによって、投稿の内容や企画の立案などの提案を受けられます。

写真や動画などのコンテンツクリエイティブ(5~40万円)

インスタグラム運用で最も重要な、画像や動画の作成を依頼する際に発生する費用の相場は5~40万円程です。

内容はもちろん、月に依頼する投稿頻度によっても大きく異なります。

各社設定金額に大きな差が出てくる部分であり、クオリティの差も生じやすい内容です。

コンテンツクリエイティブを依頼した場合、写真や動画の撮影はもちろん画像の加工や文字入れ・編集まで一貫して行ってくれます。

プロならではのハイクオリティな画像や動画で、ユーザーの獲得やアクションを促すことに繋げられます。

ただしロケ撮影などの場合は別途出張費がかかることもあるので注意してください。

広告やキャンペーン費用(5~100万円)

広告を打つことや、独自のキャンペーンを開催することは、新規フォロワーの獲得やリーチ数の向上に効果的です。

そういった広告やキャンペーンの企画提案の費用相場は、5万円から場合によっては100万円程の大がかりなキャンペーンを打ち出すこともできます。

「月々の代行料やコンサルティング費用に加えて販促費までかかるの?」と思うかもしれませんが、しっかりと分析してターゲットに刺さる広告やキャンペーンが打ち出せれば、早期にフォロワー数の増加やマーケティング効果が得られるのです。

ただし分析を怠り、闇雲に広告を打ったりキャンペーンを開催したりしても、その効果は薄いと言えます。

つまりそういった施策を検討する場合は、プロによる分析と戦略の相談を経て、きちんと効果が得られるような広告やキャンペーンを打ち出すのがおすすめです。

インスタ運用代行を選ぶ際の3つのポイントとは?

インスタ運用を依頼したい場合、いざ依頼先の企業を探し始めても、選択肢が多すぎてどの企業を選べば良いのか迷ってしまいがちです。

そんなときはこれから解説するインスタ運用代行を選ぶ際のポイントをぜひ参考にしてみてください。

インスタ運用代行を選ぶポイントは以下の3つです。

  • 依頼したい内容とサポート内容が合致しているか?
  • 費用は明確で納得できるか?
  • 過去の実績は信頼できるか?

それぞれ順番に解説します。

1.依頼したい内容とサポート内容が合致しているか?

インスタ運用代行を依頼する企業を選ぶ際の最初のチェックポイントは「依頼したい内容とサポートの内容が合致しているか?」です。

一口にインスタ運用代行企業と言っても、作業の代行をメインとするところもあれば、コンサルティングや提案に特化した企業、コンテンツクリエイティブに定評がある企業などさまざまです。

「自社が依頼したい内容は何か」を依頼する前にあらかじめ準備しておくと、何を優先してサポートしてもらいたいのか迷わずに済みます。

現状インスタグラム運用で課題がある場合には、その課題を解決できる企業に依頼するようにしましょう。

2.費用は明確で納得できるか?

インスタ運用代行を依頼する企業を選ぶ際の2つめのチェックポイントは、「費用は明確で納得できるか?」です。

インスタグラムの運用代行を請け負う各企業により、料金体系も大きく異なります。

同じ作業を依頼しても費用が異なることも多く、逆に同じ金額を予算として投じてもそのサービス内容に大きな差が生まれます。

総額だけを比較するのではなく、オプションなどの追加料金が明確かも非常に重要です。

月々の基本料金に加え、初期費用や広告費が別途発生したりと何かと追加で料金が発生する場合もあります。

必要ないサービスに費用が取られるようなことはないか、事前にしっかり確認しておくことがおすすめです。

3.過去の実績は信頼できるか?

インスタ運用代行を依頼する企業を選ぶ際の最後のチェックポイントは「過去の実績は信頼できるか?」です。

これまでの実績やコンサルティングしてきた顧客の数は、依頼を検討する際の重要な指標となります。

SNSマーケティングの経験が豊富な企業は、それだけノウハウや知識を蓄積しており、さまざまな場面で効果的なアドバイスをもらえます。

必ずしも実績の多い企業が優れているというわけではありませんが、迷う場合の参考としてなるべく実績は確認しておくようにしましょう。

また、自社と近い業界での豊富な実績があるかも重要なポイントです。

インスタグラム運用といっても、ファッションから食品・美容・健康などそのカテゴリーは数多く存在します。

その場合、それぞれのカテゴリーにおいて有効な訴求手段が異なるため、必然的にアプローチの方法も異なります。

ある業界には強くても別の業界の実績に乏しい、といったケースも有り得るので、依頼を検討する際は自社に近い案件の実績があるかも確認してみましょう。

インスタ運用代行が開始されるまでの流れを紹介

自社のインスタグラムアカウントの運用を依頼したい企業が見つかった場合、その後どのように運用代行が開始されるのか、流れが気になる方も多くいます。

ここからは、インスタグラムの運用代行が開始されるまでの流れを詳しく解説していきます。

インスタグラムの運用代行は、下記の流れで進行します。

  • 依頼する運用代行企業との打ち合わせ
  • 具体的なサポート内容や予算の決定
  • インスタグラムの運用代行スタート

順番に詳しく見ていきましょう。

1.依頼する運用代行企業との打ち合わせ

最初に、インスタグラムの運用代行を依頼する企業との打ち合わせをします。

ここでは以下のような内容について、企業側とヒアリングしていきます。

インスタ代行企業とのヒアリング内容

・自社が抱える課題
・自社ブランドのコンセプト
・インスタ運用に関するゴール設定
・ターゲット設定について
・インスタ運用代行に割く予算

このヒアリングでは、今後のインスタグラム運用の方向性について、運用代行する企業にしっかりと意見や要望を伝えることが重要です。

間違った方向性やブランディングにならないよう、入念な事前調整を行いましょう。

2.具体的なサポート内容や予算の決定

事前の打ち合わせ内容をもとに、具体的なサポート内容やサービスメニューの提案が行われます。

依頼したい内容がきちんと含まれているか、サポートに不足はないかしっかりと確認しましょう。

気になる点がある場合はこの時点で先方へ伝え、その場で追加を依頼したり、一度持ち帰って再度提案してもらったりすることも可能です。

また、代行内容のプランが決まればあわせて見積もりの確認も行います。

ここでは以下の点をきちんと確認しておきましょう。

見積もり提案時に確認すること

・運用代行の月々の基本料金
・初期費用の有無と金額
・別途必要となる追加費用とその項目
・最低契約期間

特に、見積もりの中にどこまでの内容が含まれており、別途追加で発生するオプション費用などは事前に確認しておかないと、後々トラブルの原因にもなりかねません。

この時点で既に予算を超えそうな場合は、再度依頼するプラン内容を検討したり、他にも候補の運用代行企業がある場合にはそちらにも見積もりを依頼することも検討してみましょう。

3.インスタグラムの運用代行スタート

依頼する内容や見積もりに折り合いが付けば、いよいよインスタグラムの運用代行がスタートします。

投稿やブランディングの構築に向けて提案や確認が始まり、本格的な運用が始まるのです。

運用が始まると投稿に対する仮説や検証をもとに、改善した内容で新たな提案が行われるなど、より効果の高い運用を目指してアカウントが運用されます。

最低契約期間が設けられている場合、その期間中は思うような結果が得られなくても解約することはできないため注意してください。

Instagram運用を成功させるコツ3選

インスタグラムの運用代行には決して少なくない金額を予算として投じる以上、なんとか良い結果を得たいものです。

そこでここからは、インスタグラム運用を成功させるためのコツを解説します。

インスタグラム運用を成功させるコツは主に以下の3つです。

  • コストを抑えるならツールの導入を検討する
  • 運用代行企業をしっかりと吟味する
  • PDCAサイクルを回してアカウントを成長させる

どれも重要なポイントですので、1つずつ詳しく解説していきます。

1.コストを抑えるならツールの導入を検討する

インスタグラムの運用代行を依頼する際の最大のデメリットは、月々数十万円ものコストがかかる点だということは既に解説したとおりです。

つまり、月々の運用代行費用を抑えられれば、リスクは少なくなり安心して運用代行を依頼できます。

その方法の1つがインスタグラムの分析・運用ツールの導入です。

インスタグラムの分析・運用ツールには、以下の2種類のツールがあります。

インスタグラムの分析・運用ツール

・フォロワー分析やエンゲージメント等を分析できる分析ツール
・投稿作業やクリエイティブ作成の手助けをしてくれる運用効率UPツール

運用効率UPツールは基本的に無料のものが多く、分析ツールも無料のものや1万円くらいから導入できるものも提供されているので、比較的コストを抑えて利用できます。

これらのツールを導入することで、企業へ依頼する作業を部分的に減らせ、費用面でも効率の良い運用が可能です。

月々の運用コストが気になる場合は、このようなツールの導入も検討してみましょう。

2.運用代行企業をしっかりと吟味する

インスタグラムの運用を成功させるには、作業の代行やコンサルティングを担当してくれる運用代行企業を、しっかりと吟味して選ぶことが重要です。

自社のアカウントに足りない部分を把握し、それを補ってくれる代行企業に運用を依頼しなければ意味がありません。

そのため運用を依頼する代行企業の強みを把握することも非常に大事です。

ネットの評判を鵜呑みにして人気の代行企業に運用を依頼しても、その企業が自社に足りていない部分を補えるノウハウがなければ、思うような結果が得られないこともあります。

それどころか実際は運用実績が悪い企業や、費用ばかりかかって成果が挙げられていない企業も残念ながら存在します。

インスタグラムの運用代行は、どの企業に依頼するかで成功するのか、それとも失敗してしまうのか決まると言っても過言ではありません。

依頼の際には運用代行企業をよく調査した上で、納得して依頼できるよう事前確認しておきましょう。

3.PDCAサイクルを回してアカウントを成長させる

インスタ運用代行は依頼してあとは丸投げしておけば成果が出るものではありません。

きちんとPDCAサイクルを回してアカウントを成長させることが、インスタ運用成功への近道です。

PDCAサイクルとは・・・PDCAとはそれぞれPlan(計画)・Do(実行)・Check(分析)・Action(改善)を意味します。
PDCAサイクルとは計画を実行するだけではなく、その結果を評価して改善していく手法を指します。

インスタグラムの運用には、このPDCAサイクルを回し続けて精度を向上させていくことが非常に重要です。

実際に投稿や施策を提案して分析するのは運用代行企業ですが、任せっきりではPDCAサイクルがうまく回りません。

運用代行企業と依頼主が情報をしっかり共有し、同じ課題に向かって共に改善に取り組むことで、成果は大きく変わってきます。

そのために月次レポートや施策の振り返りの際に気になる点があれば、遠慮せず積極的に自社の意見を伝えて運用へ参加していくよう心がけましょう。

まとめ

この記事ではインスタグラムの運用代行について徹底解説しました。

インスタグラムの運用代行はさまざまな企業が参入していますが、現在自社に足りない部分を明確にし、それを補ってくれる企業へ依頼することが重要です。

また、依頼する企業を選定した後はそちらに運用を丸投げでは、いつまでたっても社内にインスタグラム運用のノウハウが蓄積されません。

運用を代行する企業と依頼主がきちんと情報を共有し、投稿や施策について正しく分析して改善していくことで、少しずつインスタグラム運用の効果が生まれ始めます。

自社にとって最も適した運用代行企業を見極め、共にインスタグラム運用を進めることでマーケティング効果が得られるよう、効果的にインスタ運用代行を利用してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

「Clubhouse」に関する記事一覧
おすすめの記事